パチスロ七つの大罪|ホール視点の試打感想・評価・運用予定「設定456も積極的に使う予定!?」

七つの大罪 スロット

サミーのスロット新台「七つの大罪」について現役店長さんより試打感想を寄稿して頂きました。ありがとうございます。
基本スペック

機種名:S七つの大罪(サミー)
タイプ:AT
純増枚数:2.6枚
ベース :43.7ゲーム
天井:500ゲーム
抽選方式:子役解除 自力解除
AT最低ゲーム数:35ゲーム
TY:780枚
初当たりまでの平均投資金額:6,400円
機械代:本体定価448,000円
導入台数:2台(P300台、S300台)

設定 ボーナス+
AT確率
出玉率
設定1 1/279.5 97.8%
設定2 1/269.0 99.4%
設定3 1/260.0 100.6%
設定4 1/237.2 103.2%
設定5 1/218.3 107.3%
設定6 1/188.4 110.6%

スポンサーリンク

評価ポイント

アニメファンには比較的認知度の高い版権です。低ベース機となっており、TYの大きさは中程度、初当たり確率も丁度良くバランスの取れたスペックとなっています。スペックバランス的には「Sモンキーターン4」に近いです。通常時においては、特に強いゾーンなども無い為いつでも打ち始めることができます。また、天井が浅いのもポイントです。

気になる点

低ベースでバランスの取れたスペックである反面、突出した特徴が特にありません。「モンキーターン4」と大きく違う点としては、突破型であることです。初当たり確率自体は軽いものの、3回に2回程度は疑似ボーナスのみ(約100枚)で終わります。ATに突入する実際の確率は重いので、そこが受け入れられるかどうかが鍵になると思います。

運用予定

サミー系はサミートロフィーで設定を示唆することが多いので、最低でも設定②以上は投入し、魅せたい時は設定④⑤⑥を積極的に使う予定です。

以上、スロット七つの大罪の新台試打感想でした。S七つの大罪の機種情報は以下の記事にまとめています。

七つの大罪 スロットS七つの大罪 スロット 新台 スペック 導入日 評価 天井 有利区間 解析

傾向の1つとして「サミーはトロフィー系の設定示唆が有名なのでホールも高設定を入れやすい」というのは覚えておいても良さそうですね!記事の寄稿については随時募集していますので興味のある方は「ユーザー寄稿&ライターの募集!」を参照して下さい。

この記事が気に入りましたらシェアや紹介お願い致します。記事更新頻度などの参考に致します。

Pルパン三世 復活のマモー|パチンコ店長試打感想「複雑なので理解してもらう為に最初から回す」とある魔術の禁書目録Pとあるパチンコ 店長試打感想「スペックは甘いが運用方法は客層を見て判断…!?」大海物語スペシャルP大海物語4スペシャル|現役店長による試打感想「打つならCR大海4撤去後!?」

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

スポンサーリンク

コメント0件