Twitterでも情報発信中!フォローお願いします

【適合】パチスロ北斗の拳 宿命 スロット 新台 6.1号機 スペック

導入日2021年。サミーの新台スロット「北斗の拳 宿命」の機種情報まとめページになります。

11月16日「パチスロ北斗の拳 宿命」が適合!

パチスロ 北斗の拳 宿命 適合のお知らせ

サミー株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 CEO:里見 治紀)は、この度、パチスロ遊技機の型式試験機関である一般財団法人保安通信協会(保通協)より、新機種「パチスロ北斗の拳 宿命」(総発売元/サミー株式会社 製造元/タイヨーエレック株式会社)の型式試験におきまして、適合通知を受けましたのでお知らせ致します。

引用「サミーの公式サイト

メーカーが公式サイトにて「適合」段階でお知らせを掲載するのは異例。キラーコンテンツなのでかなり気合が入っているのでしょう。そして、画像にある「6.1号機出玉スペックで適合し、新登場」は要注目ポイントですね。

MEMO

6.1号機は2020年の春頃から導入されています。6.1号機の目玉は「ペナルティ規制の緩和」であり、これによりベースが5〜10G程下げられるという話でしたが、試験方法の問題により実現できた台はまだ登場していません。

わざわざ6.1号機の出玉スペックと記載されている事からベースが下げられた新しいタイプの台であると推測されます。

スペック等の情報はまだ判明していませんが、詳細は判明次第、直ぐにこちらのページで随時更新していきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

6 COMMENTS

ちょんぼ(管理人)

れいさん、お疲れ様です!
それらじゃない事を祈るばかりですね…

返信する

スポンサーリンク

 
コメント6件
 

注目のスロット

注目のパチンコ

注目の新台