【速報】6.2号機で有利区間の規制緩和キター!!1500G→倍の3000Gに!?

不戦の約定

良いニュースが入ってきたので速報的にお伝えします!有利区間の自主規制が緩和され、1500Gだった所が倍の3000Gに伸びるとの事。

いつも正確な情報をいち早く発信しているアカウントなので誤報や1日遅れのエイプリルフールという事は無いでしょう。

名称は「6.2号機」になりそう!?

※現状ではあくまで噂段階なのであしからず

では、有利区間が3000Gに伸びる事でユーザーにとってどういったメリットがあるのか。

天井からの2400枚取り切れずがほぼ無くなる

「天井ATでエンディングまでいったにも関わらず1000枚程で終わった」

こんな経験をした事がある方も多いのではないでしょうか。”2400枚より先に1500Gのリミットを先に迎える”という理不尽から起こる現象ですが有利区間の上限が伸びる事でこれを無くす事が可能になります。

ゲーム性の幅が広がる

スルー天井、モード移行などゲーム性の幅は確実に広がります。このあたりは今後のメーカーの活躍に期待。凡人では思いつかないようなあっと驚く台を出してくれるはずです。

デメリットは…!?

有利区間が伸びるという事は基本的にメリットしかありません。なぜなら有利区間は3000G使い切らないといけない訳では無いので今まで通りの台も出そうと思えば出せる訳です。

ただ、規制緩和からしばらくは有利区間を長く使った台が主流となるでしょう。となると必然的に天井が深い機種が増えてくると予想されます。これをデメリットと捉える方もいるのではないでしょうか。

6.2号機の登場時期

登場は「5号機が完全撤去となる11月頃」になると予想。メーカーは準備をしていたようですが適合→検定→導入で数ヶ月かかりますし、夏にはオリンピックで警察が忙しい云々もあるので6.2号機の登場は早くても秋頃となるかも!?

管理人はこう思う

6.1号機でデキレや無抽選区間、ダラダラ感がある程度払拭されました。まだ削った部分と盛った部分がうまくユーザーに伝わっていない感はありますが、北斗の拳 宿命を6号機の中ではトップクラスだと思っている自分にとっては6.2号機も楽しみでしかないです。

ただサイトに寄せられる辛辣なコメントの数々を見ていると、今のスロット業界の悪い流れを断ち切る程のインパクトは無いかなという印象。余裕のある環境では無いですからね…。

ちょんぼ

6.3号機で有利区間の撤廃はよう

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

89 COMMENTS

匿名

出玉増加区間を有利区間、減少区間を非有利区間に分けて有利区間中の抽選は終了後にリセット、非有利区間中の抽選は有利区間終了後も引き継ぎみたいな規制に緩和して欲しいですね。そもそも増加区間と減少区間を一括して有利区間と定義しているのがおかしいかと思います。

返信する
ちょんぼ(管理人)

それだと出来る事は更に増えそうですね。
名称の問題はホントそう思います…

返信する
ゴボウ

自分が負けるのを規制のせいにする人が多すぎ
5.9以降も甘い台、面白い台はいくらでもあるのに

返信する

スポンサーリンク

 
コメント89件
 

注目のスロット

注目のパチンコ

注目の新台