旧規則機の撤去期限が1年延長|凱旋・サラ番はアウト?沖ドキはセーフ!?

新型コロナウィルスの感染拡大で新基準機への転換が困難になった影響で、旧規則機の設置期限が1年間延長される事となりました。これにより撤去間近だった機種があと1年打てる事に!?

スポンサーリンク

旧規則機の撤去期限が1年延長

警察庁は5月14日、国家公安委員会規則の一部を改正し、原則的に最大2021年1月末までとしていたパチンコ、パチスロ旧規則機における認定、検定の有効期限について1年間の延長を認めた。旧規則機の撤去期限が後ろ倒しとなったことで、ホール企業に今年、重くのしかかっていた機械入替の負担が一部、軽減されることとなる。

web greenbelt

これは妥当な判断だと思います。部材調達の遅れから導入日の見通しの立たない新台もまだ多く、自粛によりホールの経営状況も厳しい中、2020年5月現在で約200万台設置されている旧規準機をすべて新基準に入れ替えていくというのは流石に無理がありますから…。

延長の対象機種に関しては一部では「高射幸性パチスロ機は予定通り撤去」と言われています。ソースは以下のツイートでしょうか。

その他の業界紙やニュースサイトなどではまだ未定との事。ちなみに遊技通信webでは高射幸性機に関して以下のように書かれていました。

2018年2月に施行された改正遊技機規則における経過措置で示された旧規則機の有効期間が、施行日以降に満了する遊技機について設置可能期間が1年延長されることになる。全日遊連は文書で、この期間内に遊技機の計画的な入替を業界で推進するとしており、高射幸性機などの取り扱いは業界団体の自主規制を再構築して対応するものとみられる。

引用元「遊技通信web

この文面を見ると高射幸性機が延長となる可能性もまだ残されていそうですがどうなんでしょう…!?

高射幸性パチスロ機
押忍!サラリーマン番長(2020/8)
黄門ちゃま喝(2020/10)
ミリオンゴッド 神々の凱旋(2020/11)
戦国コレクション2(2020/12)
プレミアムビンゴ(2021/1)
ゴッドイーター(2021/1)

※()の数字は延長が行われなかった場合の撤去期限

凱旋、サラ番はまだ設置台数も多く動向が非常に気になる所。

5.5号機、5.9号機、ノーマルタイプを除いた「新基準に該当しない遊技機」の中では、高射幸性パチスロ機に分類されず唯一設置期限が残っている(2020/6)「沖ドキ」が延長の対象となりそうです。

また正確な情報が入りましたらお伝えしていきます。

【5/20追記】

今年12月31日までに検定・認定が切れる遊技機の扱いとして、①高射幸性回胴式遊技機については、それぞれ当初の検定・認定切れの日付までに撤去、②パチンコ遊技機の羽根モノ、ちょいパチ、甘デジ(TS100未満)およびパチスロノーマルAタイプは、当初の検定・認定切れの日付から7カ月(210日)以内に順次撤去、③上記以外の遊技機については、2020年12月末日までに撤去することとする。そのため、これら遊技機の2020年5月20日時点の設置台数15%を目処に、オリンピック期間(7〜9月)を除き、毎月撤去を行う−の3点となる。

引用元「遊技通信web

高射幸性遊技機は残念ながら撤去で間違いありませんでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

4 COMMENTS

匿名

大海漆黒無双がたしか2021/1/31なのでそれが10ヶ月位伸びるとなるとホールは歓喜かと
あとはジャグも現存するやつは全部延長
で、沖ドキもあるしハナもいけると

来年の夏も主力ラインナップ殆ど変わってねーなこりゃ

返信する
管理人

サラ番・凱旋あたりを打たない人にとってはあまり状況変わら無さそうですね!
かなり朗報だと思います。
本来は新機種に魅力があって旧機種が自然に撤去されていくような流れが理想ですし。

返信する
匿名

これはつまり
認定、検定が2021年1月末時点で1年以上残ってる機種(5号機の大部分)は
2022年1月末まで設置可能ということでしょうか?!

返信する
管理人

まだそのあたりの確定情報は出ていませんが、2021年1月まで検定または認定がある機種(まどマギ2、番長3など)は2021年の末頃まで設置が可能になると聞いております。

返信する

スポンサーリンク

コメント4件