来週は新台が多数導入!S吉宗3、P戦国乙女6、P真牙狼など

戦国コレクション3|初打ち感想「ART時代の終焉を感じさせる」

ART初の5.9号機!

有利区間1500ゲーム規制や天井の非搭載など、注目が集まる戦国コレクション3を初打ちしてきました。

スポンサーリンク

戦国コレクション3の初打ち感想

結果はちょい勝ち

まずは実践結果から。

とりあえず空いていればどんな台でも打つ気でいましたが、かなり良い台に座れたようです。

戦国コレクション3・グラフ

最終的には2500枚のプラスで終了でした(打ち始めが夕方からで最後にハマり個人的には500枚ちょっとのプラス…)

現時点ではまだ解析が出ていませんがギフト3の出現率も非常に良好だったので設定も4以上有りそうな手応え。ボーナス合算も設定6を上回る約1/150!

武田信玄

おひねり中の設定示唆は「設定2以上確定」となる武田信玄が1回出たのみでした。

良い面

ここからは感想を述べていきます。

まずは良い面から。

これはなんと言っても「気軽に打てる」の一言に尽きるでしょう。

天井が無い

天井が無いので、ハマっている時のあの「天井まで打ち切らないといけない感」がありません。AT機は天井まで行けばなんとかなるかもという台が多かったのですが、最近の台は天井まで投資を強いられたあげく「GET90枚」みたいなのが普通ですからね。これなら最初から無い方が良いとすら思えます。

ちなみに、5.9号機の規定上、天井を搭載しようとするとかなり無理が生じるようでおそらく今後出るART機は天井非搭載になると思われます(6号機に関してはまだ不透明)

2時間で取り切れる

どれだけ続いてもART1500ゲーム以下となるので「2時間もあれば取り切れる」というのは考えようによってはメリットですね。夜でも気楽に打てます。

悪い面

悪い面はやはり1500ゲームで強制終了という点でしょう。

自分はそこまで伸びる事が無かったのですが、3周目のエンディングを迎える前に有利区間1500Gに到達した場合の終わり方がひどいと話題です。

うん、確かにこれはひどい…。

5.9号機の規定上、有利区間を1500G以上は「絶対に」継続させる事が出来ないので、強制終了は仕方が無い事だと思いますがもうちょっと他にやりようが無かったのか…。

ちなみに、間もなく導入されるゲーム数上乗せタイプである「ブラックラグーン3」の方は1500G以上続いてしまう場面では上乗せ表記が「G」になって実質0G乗せになるようです。

0G上乗せて…。

その他の感じた事

ここまで5.9号機のシステム面での話ばかりだったので、戦国コレクション3自体のゲーム性自体にも少し触れておきたいと思います。

連続演出

連続演出終わりにまたすぐ連続演出に発展するパターンを何度か確認。アツいのかと思いきや全部ハズレでしたが…。何か他に意味があるのか謎ですね。

SRチェリー!

戦国コレクション3・SRチェリー1

戦国コレクション3・SRチェリー2

SRチェリーは2回引くことが出来ました。1回目は対してアツくも無さそうな演出からだったのでビックリ!SRチェリーはギフト1が確定となっていますが、どちらも奥義地獄炎でした。

奥義地獄炎は完全に「真瞳術」ですね。ストックは2個と7個。ベルのヒキ次第ではやれない事も多そう。

演出は派手過ぎ

液晶は上下ぶち抜きで迫力がありますね!ただ、ART中のチャンスアップの音が派手過ぎて毎回「レア小役か?」と思ってしまいます。20G程度の継続のたびにド派手な音が鳴るのもストックを持って継続が確定している状況ではただ恥ずかしいだけ。

ART中はシナリオ推測が可能

ART中はシナリオや継続示唆演出などがあちこちに散りばめられているので、打っていてシナリオはある程度推測出来るなという印象。「ここさえ越えれば後は高継続!」なんて場面もちょくちょくあって力が入ります。

戦国コレクション3・獲得枚数

戦国コレクション3・獲得枚数2

戦国コレクション3・獲得枚数3

継続しないんですけどね…(´;ω;`)

状態を推測する楽しさが無い

5.9号機より有利区間(高確・CZ・ARTの総称のようなもの)の表示義務がある為、レア小役後に有利区間ランプが付かなかった時点でCZも高確移行にも当選したなかった事が確定し寒いです(ボーナスの可能性は有り)

設定は分かりやすい?

ART関連に設定差を設けられないので、設定判別ではギフト3の出現率に大きなウェイトが置かれていると思われます。見ていても良い台と悪い台では出現率にかなりの差がありました。

出玉も挙動も設定に素直な展開になる事が多いのではないでしょうか。ボーナス確率が悪く、出玉も右肩下がりの台ばかりならホールが設定1しか使ってないと考えた方が良さそう。

最後に

悪くは無いのですが規制の壁は厚いですね。

もう1度打ちたいかどうかと聞かれると答えはノー。早くも「5.9号機のART」というジャンル自体が破綻している気すらします。昔はARTが無くてもスロットが盛り上がって時代がいくらでもありますし、ここまで来ると無理してARTにこだわる必要は無いんじゃないかと。

規制で10削られた部分(1500G終了、天井無し)が8くらいしか戻ってきてない(2000枚率アップなど)印象。

そうこう言っている間にもう来年の2月からは6号機が始まるのであまり深く考える必要は無いかな…。

▼戦国コレクション3に関する解析情報を全て以下のページにまとめてあります。
戦国コレクション3 スロット新台|天井・設定判別・フリーズ・シナリオ・評価・動画

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

14 COMMENTS

みく

私も主さんと同じ感想を持ちましたのでひとこと。
ゲーム性は面白く、ストックとシナリオが上手くからめば出玉もまとまるし、悪くはありません。
ただやはり有利区間1500Gはいただけない。

ARTの特性上、特化ゾーンや直乗せでG数やストック、もしくは高継続を獲得し出玉を伸ばす。伸びれば必然的に遊技分母が増え、更に伸びる可能性が高くなる。
規制によってこれが制限されたのは本当に痛恨。

そして天井がなく狙い目がほぼ無いこともマイナス。戦コレ3を打って痛感しました。

6号機がどうなるかわかりませんが、5.9号機と同規制になるのであればAタイプしか打てんな…と思いました。長文失礼しました。

返信する
chonbo(管理人)

みくさん、こんにちは。
やはり1500Gの天井や天井の撤廃といったシステム面でのマイナスは大きすぎますよね(;・∀・)
ARTが盛り上がる未来が見えない…。
個人的にはボーナスを主体としたRTに可能性を感じています。

返信する
RITA

初打ちおつかれさまです。

とても参考になりました。レポートを拝見して悟りました。もうスロットは打つことなさそうです…。

スペックの規制もそうですが、私の地域もいよいよレート規制が始まるのでメインのパチも7時間くらいは稼動できないとキツいので、本当に引退しそうです。実稼働でこれだけ刺激が少ないなら動画で十分です。裏スロに行く人の気持ちがわかってしまうような…まあリスクが大きすぎるので絶対に踏み入れませんけどね笑

説明書や詳細仕様が公開されていないギャンブル機なんて、世界でもぶっ飛んでおかしな状況でしょうから、表示がある程度義務化されるのは良いことだと思いますが…思いますが、腑に落ちませんね笑

どこまでいっても本質はギャンブルですから元々不健全な業界ですが、健全化するにしてももう少しやり方があるのでは…と小市民の私でも考えてしまいます。

カジノが本格始動したら状況が変わるかもという淡い期待もありますが、まあ無理でしょうね。エンターテイメントとしてはかなりのレベルの機械だと思いますが、頻繁に稼働したり、一日中回して設定を推測するっていうのはカジノの性質と合わないでしょうし。

規制の度に激震している業界ですが、今回ばかりは実際に遊技人口も大きく減少しているように思います。私の行くホールも新台コーナーの稼働がそこそこなのに対して、旧基準機があるバラエティの稼働が高いというような状況ですから、旧基準機の撤去がひと通り済む頃にはかなり稼働が落ちるような予感がします。

返信する
chonbo(管理人)

RITAさん、お疲れ様です。
旧基準が無くなったら本当に5号機初期のようなベニヤ時代が再来するでしょうね。
6号機で5.9号機などの自主規制を撤廃できればまだ可能性はありそうですが、お上がそんな事を許すかどうか…。
カジノも海外向けで日本人が楽しめるような仕様にはならないでしょうし残念です(;・∀・)

返信する

スポンサーリンク

コメント14件

ページ内の目次