ちょんぼりすた|パチスロ解析

パチンコメーカーが続々倒産!マルホンに続き奥村遊機…

    36件のコメント

奥村・うる星

4月14日、「奥村遊機が自己破産申請!」というニュースが流れました。

先月には「マルホンが民事再生手続きを行った」という事件があったばかりなので、パチンコメーカーがバッタバッタと潰れていっているイメージですね。

AT規制」「MAX規制」「マルホン民事再生」「ライター規制」に続き、今回の「マルホン倒産」と、パチンコ・パチスロ業界の未来を暗示するかの如く悪いニュースばかりが流れています。

今後どうなっていくのか…。

今回の件の詳細と、個人的な予想などを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

奥村遊機倒産

遊技機メーカーの奥村遊機が4月14日、名古屋地裁に自己破産を申請し、同日に破産手続き開始の決定を受けた。

民間調査機関によると、同社は1996年5月期には売上高335億7100万円を計上していたものの、2014年5月期には売上高が133億500万円にまで下落。2期連続で大幅な欠損計上を余儀なくされるなど苦しい資金繰りが続いていたという。今期に入ってからも回復はみられず、先行きの見通しが立たず事業継続を断念した。

負債額は2014年5月期末時点で約71億5,400万円だが、今後大きく膨らむ見通しだという。

引用元:遊技通信web

奥村遊機とは

項目 内容
社名 奥村遊機株式会社
事業内容 パチンコ機の
開発・製造・販売
設立 昭和32年6月
資本金 1,000万円
従業員数 213名

民事再生と倒産の違い

民事再生

マルホンは民事再生なので、

借金さえ無ければ俺らはまだやれる!誰か助けてよ

といった感じです。

しかし、奥村遊機は倒産。

もうこの業界ではやっていけない!サイナラー

といった感じなので、この2つのニュースの意味合いは大きく異なります。

老舗パチンコメーカーが倒産という言葉が業界に与える衝撃は大きそうですね。

「明日は我が身だと…」

奥村遊機のパチンコ台

ninja

2005年〜現在において導入されている台。wikipedia参考。

機種名 発売年月
CRうる星やつら2 2005年1月
CRスパルタンX 2005年2月
CR黄金ハンター 2005年4月
CR華牌・井出洋介の華麗なる麻雀 2005年7月
CRひらけ!こぶ茶バンド 2005年8月
CR新・弥次喜多 2005年9月
CR笑ゥせぇるすまん3 2005年11月
CR浮浪雲 2006年2月
CR解体屋ゲン 2006年6月
CRこぶ茶バンド・地球防衛隊編 2006年7月
CRはね物マジンガーZ 2006年9月
CRマジンガーZ対グレートマジンガー 2006年11月
CR研ナオコ・歌は宇宙を救う 2007年2月
CRスペースインベーダー 2007年4月
CRうる星やつら3 2007年5月
CRコータローまかりとおる 2007年7月
CR大阪プロレス 2007年10月
CRそれいけ!こぶ茶バンド 2007年11月
CR愛と誠 2007年12月
CRうちのタマ知りませんか? 2008年1月
CR天空歌舞伎 2008年3月
CRクッキングパパ 2008年4月
CR42.195キロ 2008年5月
Aエンブレム3 2008年7月
CRなにわの大統領赤井英和 2008年8月
CRA片山晋呉 VS Dr.タイフーン 2008年10月
CR闘牌伝説アカギ 2008年11月
CR笑ゥせぇるすまん 2009年5月
CRマジカルランプ・レジェンド 2009年7月
CR THE BLUE HEARTS 2009年10月
CR弥次喜多3 2010年2月
CR華牌II 「ミスター麻雀」小島武夫の戦略 2010年3月
CRアチこーこー 2010年6月
CRカミカゼファイター 2010年9月
CRAマジカルサマナー 2010年9月
CR NINJA GAIDEN 2010年11月
CRうる星やつら Forever Love 2011年3月
CR弥次喜多外伝 2011年6月
CR PACHINKO天 天和通りの快男児 2011年8月
CRスカルキング 2011年9月
CR南国麻雀 2011年11月
CRでーじアチこーこー 2012年1月
CR宇宙をかける少女 2012年2月
CR笑ゥせぇるすまん〜欲望の大都会〜 2012年5月
CR NINJA GAIDEN 2 2012年7月
CR闘牌伝説アカギ2 死闘編 2012年9月
CR黄金ハンター〜伝説のいちごソード〜 2012年12月
CR暴君の竜 ティラノキング 2013年2月
CR B・B 2013年4月
CR戦国DASH 2013年5月
ぱちんこCR天 天和通りの快男児II 2013年8月
ぱちんこCR遊砲RUSH 2013年9月
CR Dororonえん魔くんメ〜ラめら 2013年11月
ぱちんこCRバジリスク 〜甲賀忍法帖〜 2014年2月
ぱちんこCRサイコメトラーEIJI 2014年3月
CRうる星やつら 電撃LOVE ATTACK 2014年5月
ぱちんこCR三姫繚乱〜麗しき闘い〜 2014年7月
ぱちんこCRマジカルハンター 2014年10月
ぱちんこCR怪物くん デーモンの剣 2015年2月
ぱちんこCRアミーゴ DE そーる 2015年3月

いやー懐かしいですね。

と、

言いたい所ですが…。

新台の時に1回打った事があるかないかといった台しかありませんでした^^;

しかし、読んで下さっている方の中には思い入れの強い台が含まれている人も多いのでは無いでしょうか。

パチンコメーカー倒産の背景

kamikaze

今は一部のヒット作以外、新台から数週間もすれば飽きられて見向きもされない台ばかりです。となれば、ホール側も今まで以上に慎重に台を選ばなければなりません。

今後もこういった傾向は強くなっていくでしょう。

ホールもそこら中で潰れているので、無駄な台を買っている余裕は無いはずです。

「一時期の半分以下になり、今も止まらぬ遊技人口の低下」「一部の資本力の強いホール以外経営が厳しいパチンコ屋」遊技機以外に収入源の無いメーカーは今後厳しくなっていきそうです。

ホールがらがら

このまま行けば、数年後は更に遊技人口が減り、メーカー、ホール、それに従事する会社全てに影響を及ぼしそうです。

30兆円産業と呼ばれていたパチンコ業界が簡単に終わる事は無いと楽観視されがちですが…。

この業界に関わり、生活の糧にしている人は、危機感を感じ何かしらアクションをしていく必要があると思います。

ちなみにレジャー白書によると

参加人口 ホール数 売り上げ
1992年 2860万人 16,963店 26兆
2000年 2020万人 16,021店 28兆
2013年 970万人 11,778店
(2012年)
18兆

全ての面において右肩下がりのグラフです。

それらの原因は何なのか。

ここでは書ききれないほどいくつもの要因が絡み合いこうなってしまった訳ですが、個人的に言及したいのは以下の2つ。

大人の都合で検討違いな規制と圧力を掛ける、けいさ…。

運が良ければ通るという訳ワカメな試験を繰り返す、ほつう…。

おっと誰か来たようだ。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

投稿されたコメント(36件)

  1. 休憩所でマンガよんでますん より:

    ゆとり世代がさとったな。ギャンブルは勝てないと。公営競技はもう死に体。金ふやしたけりゃ株式やFXしよう。

    •  (0)
  2. 通常時右打ち より:

    雑魚乙
    激アツ外したりして嫌な気持ちから遠隔をうたがう不信感から客離れ加速
    派手に演出させすぎ
    パチもジャグラーみたくランプひからせてやってりゃいいんだよ
    自分らで首絞めてわろた自主規制もかけないで国に目つけられて国による規制がかかって身動きとれないでおわりだな
    この後店の残り合戦がはじまって最終的にはいろいろな装置でやらかしてる店しか残らないわけだ
    田んぼがあるような田舎にまでパチンコ屋立てんじゃねーよ とっておきの聖水に浸して乾かした野口英世をサンドにぶちこんでくるわ

    •  (0)
  3. お前はもう死んでいる より:

    メーカーは自分で自分の首を絞めた。
    次から次へとバカ高い新台を作って店舗設置で金むしり取って、その付けが客に・・・!
    パチンコスロットの自殺者も創出、出なく(勝てなく)なり利用人口が減ってしまったのだ!!!
    それに店舗数も多すぎ!(客の取り合いして閑古鳥ないてて出るわけない)
    最近は、客が多くても出てない店が大半。そのような店に限って店舗数増やしまくってるし。
    この業界、終わってるな!!!!!

    •  (0)
    • chonbo より:

      >>お前はもう死んでいる
      ほんとおっしゃる通りだと思います。
      メーカーはもっと無駄なコストを抑えて、ホールは新規出店などの費用を抑えて、もっとユーザーに還元していればこうはならなかったでしょう。

      •  (0)
  4. スリーセブン より:

    店舗数、売り上げが落ちているのに、設置台数は増えている。要はパチンコ店の大型化。
    入れ替えの経費は膨れる、客は少なくなる、よって出玉は絞るの悪循環。
    昔の開店は、「今日の持ち出しは〇〇〇万円」と決めて還元したものだが、現在は「今日の回収は×××万円」と決めている。そんな状況で金を使うバカは居ないよ。
    出店費用も光熱費も人件費も税金も、当然特殊景品も全部客の懐から出ているんだから…。

    •  (0)
    • chonbo より:

      スリーサブンさん、おっしゃる通りだと思います!
      昔は新台と言えばお祭り騒ぎでしたが、いまはほとんどのホールが初日から回収に走っていますもんね。
      理由はやはりとめる事の出来ない「悪循環」。
      その悪循環の元を作りだしているのは、知識の無いお上によるイベント規制や台に対する規制だと思いますが…。

      •  (0)
  5. 匿名 より:

    今のパチンコはまったく勝てません、やめた方がいい。
    今後、勝てるような状態になったら、また、はじめればいい。

    •  (0)
    • chonbo より:

      それが一番賢いと思います!

      •  (0)

TOP

人気台