ユーザー寄稿&ライターの募集!業界関係者も歓迎!

パチンコ業界で必要不可欠な「販社」。具体的な仕事内容とは?

記事、寄稿して頂きました。ありがとうございます!

パチンコ業界には「販社」というパチンコ屋さんにとって必要不可欠な存在があるのをご存じでしょうか?
今回はその「販社」に現役で勤めている私が、販社の存在意義やリアルな業務内容をご紹介します。

「パチンコ業界で働いてみたい」「販社に興味がある」
そんな人はぜひ最後まで読んでみてください。

※この記事での「販社」とは中古台を扱う販社のお話しとなります。
業界内では販社というと中古台を扱う販社を指すのが一般的です。
新台専門の販社もありますがメーカー直属の会社のため数も少なく業務内容も異なります。
この点を予めご了承いただきお読みください。

スポンサーリンク

販社とは?

販社とは「遊技機販売業者」の略称となります。

「販売業者って言うぐらいだから台を販売している会社なんでしょ?」
なんて思うかもしれません。もちろん台の売買も行います。
安く台を仕入れて必要としているパチンコ屋さんや同業他社に売ったりをしています。

ですが実際のところメインの役割は他にあるのです。
そのメインの役割はというと、パチンコ屋さんから依頼を受けて「検定書」という書類を作成することです。

パチンコ屋さんは「検定書」という書類を警察に提出しないと「台をお店に設置できない」のです。
つまり新台入替え(中古台の導入)ができないというわけです。
新しい台を導入できないということはパチンコ屋さんにとっては一大事です。

パチンコ屋さんにとって絶対的に必要となる書類。
この「検定書」の作成を認められているのが「販社」となるのです。

スポンサーリンク

検定書作成までの具体的な業務内容とは?

販社という存在がパチンコ業界の中でどのような存在であるのかをなんとなくわかってもらえたかと思います。
続いて販社にとってメインの仕事となる「検定書作成」までの業務をご紹介します。

取引先のパチンコ屋さんから依頼を受ける

すべてはここからです。どういった依頼内容かというと、

「系列店の店同士で中古台の移動をしたい!」
「中古台を購入して導入したい!」

といった内容の依頼がメインとなります。
そして先ほどお話しした販社のメインの仕事、検定書を作成するための業務へと入ります。

台の点検作業

検定書を作成するためには依頼された台の点検作業からとなります。
台の点検項目はパチンコとスロットでは若干異なりますが、およそ30弱の項目を点検します。

内容は細かいため割愛しますが簡単に言ってしまうと、
「壊れていなくてお店に問題なく設置できる状態であるか」ということになります。

そして台に問題がなければ専用の端末で台に付いているQRコードを読込み、製造番号などの情報を専用のシステムへ送信します。
これが検定書を作成する上で最も重要な作業となります。
このQRコードを送信しないと専用のシステム上で検定書を作成することができないのです。

台の封印作業

そして無事に点検作業が終わった台は封印作業へと進みます。

「封印作業ってなに?」って思いますよね。
これはつまり「点検後は台を開けることをできないようにする」ということです。

設置先のパチンコ屋さんに納品されるまで台は開封厳禁というわけです。
なぜならゴト台などの不正を防止するためです。

ではどのように封印するのか?
これはパチンコとスロットでは大きく異なります。

まずはパチンコ。
こちらは1台ずつ専用の大きいビニール袋のようなもので梱包します。
これは「袋詰め」と言われています。まさに読んで字のごとくで袋で包んで封印します。

続いてスロット。
こちらはいたってシンプルです。
専用の細長いシールを使って台の鍵穴から開閉部までをシールで貼り封印します。

検定書の作成

ここまでの作業が終わってやっと検定書を作成するための事務作業となります。

先ほどの台の点検時に送信したQRコードの情報を元に必要書類をパソコンで作成していきます。
専用のソフトに機種情報や設置先のパチンコ屋の情報などを入力して必要書類を作成していきます。

そして必要書類を揃えることができたら、この書類を組合へと提出します。
組合というのは簡単に言うと検定書を発行してくれるところです。
パチンコとスロットは別の組合となりますので別々の場所へ提出することになります。

そして提出書類に問題がなければ晴れて検定書が発行されるというわけです。
発行された検定書を依頼元のパチンコ屋さんへお届けして業務完了となります。

スポンサーリンク

まとめ

販社という存在がパチンコ業界では不可欠な存在であるということ。
メインの仕事は台の販売ではなく検定書という書類を作成すること。

今回はこの2点にフォーカスしてご紹介させてただきました。

最後に「パチンコ業界で働いてみたい!」という人へ。
販社は入社へのハードルが低めです。
決して楽な仕事とは言えませんが選択肢としてはお勧めですよ。

以上、販社という仕事内容について書いて頂きました。記事の寄稿については「ユーザー寄稿&ライターの募集!」を参照して下さい。

気に入りましたら以下のボタンよりシェアお願いします。

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

6 COMMENTS

ちょんぼくん

ライター募集の件について…なんか呼ばれた気がするんですけど、気のせいか。笑

返信する
ちょんぼ(管理人)

ご無沙汰です!
今はテスト的に業界人の方優先でおこなっていますが、効果が高いようであれば多くの人に書いてもらうようになるかもです。

返信する
クロ

この場合例えばオークションサイト等で買う場合はどうなるんですかね?
家で個人的に遊ぶ場合には必要無さそうですが…ゲームセンターとかでの設置の場合はこの作業は必要になるんですか?

返信する
ちょんぼ(管理人)

あくまでホールで設置する際の作業なのでゲームセンターや家スロは関係ないと思います。

返信する
匿名

まぁ…家で個人的に楽しむならお金かからない(電気代だけ)ですから問題無さそうですがゲームセンターの場合お金発生しますからね。(ゲームセンターも風営法あるし)まぁ…パチンコやパチスロって家の電源(100V)で出きるのか分かりませんが…。

返信する
ちょんぼ(管理人)

ゲームセンターもゆるゆるだと思うのですがどうなんでしょうね。
実際にホールでは出来ないクレジット関連の改造や、ウエイトカットなどしているところも多いですし。

返信する

スポンサーリンク

コメント6件

ページ内の目次