ちょんぼりすた|パチスロ解析

パチンコ「あしたのジョー」荒波スペックの攻略まとめ

      2016/05/13 10件のコメント

あしたのジョー

サミーから登場する新台パチンコ「あしたのジョー」に関するスペックや止め打ち・ボーダーラインといった攻略情報をまとめていきます。

※導入まではスペックや演出面が中心となります。

スポンサーリンク

▼スペック・導入日

「あしたのジョー」の基本的なスペックや導入日などの情報。

MAX

項目 概要
初当たり確率 1/390
確変中の確率 1/128
ST突入率 50%
ST継続率 約77%
ST回数 185回
時短回数 100回
大当り出玉
16R 約2400個
8R 約1200個
7R 約1050個
1R 約150個

ラウンド振り分け

ヘソ入賞 電サポ 振り分け
8R確変 ST185回 40%
1R確変 ST185回 10%
7R通常 100回 50%
電チュー入賞  電サポ 振り分け
 16R確変 ST185回 100%

甘デジ

項目 概要
初当たり確率 1/99.9
確変中の確率 1/79.8
ST突入率 61%
ST継続率 約100%
ST回数 80回
時短回数 30回or80回
大当り出玉
15R 約850個

ラウンド振り分け

ヘソ入賞 電サポ 振り分け
7R確変 ST80回 51%
2R確変 10%
7R通常 時短30回 39%
電チュー入賞  電サポ 振り分け
 15R確変 ST80回 75%
15R確変 25%

導入日・概要

項目 内容
メーカー サミー(SAMMY)
区分 MAX 甘デジ
賞球数 3,1,7
カウント数 9C or 10C
ラウンド数 2,7,15
導入日 2015年7月6日 2016年6月6日
導入台数 約20,000台

目次へ

▼ボーダーライン・攻略

ボーダーライン

交換率 ボーダーライン
2.5円 23
3.0円 22
3.3円 20
3.5円 20
4.0円(等価) 18.1
算出条件
6時間遊技・出玉5%減を考慮

目次へ

▼演出の信頼度

主要予告

炎上ゾーン

保留 キリン
信頼度 4% 28% 44% 84% 確定!?
疑似連 ×1 ×2 ×3 赤文字 キリン
信頼度 1%以下 2% 14% 11% 69%

倍増ラッシュ

数字 信頼度
8 60%
432 10%
648 15%
972 33%
1080 49%
1458 69%
2187 確定!?

バーニングラッシュ

数字 信頼度
2バーニング 11%
4バーニング 21%
maxバーニング 61%

炎JOEゾーン

信頼度
51%

停止出目先読み

信頼度
6%
30%

リーチアクション

強敵リーチ

強敵リーチ

強敵リーチに発展すればアツイ!

キャラ 信頼度
ホセ 46%
力石 59%

ライバルリーチ

ライバルリーチでも後半に発展したり、「打つべしギミック」が作動すれば信頼度は急上昇。

キャラ 後半発展 ギミック作動
ウルフ 20% 41%
ハリマオ 23% 46%
31% 56%
カーロス 39% 64%

目次へ

▼解説・所感

「あしたのジョー」について個人的に感じた事など。

メーカーはサミー

「あしたのジョー」のパチンコと言えば、2010年に京楽から発売された「CRびっくりパチンコあしたのジョー」を思い浮かべますが、今回のメーカーはサミー。

そういえば、パチスロの「あしたのジョー」はサミーでしたね。

版権については詳しくないのでよく分かりませんが、2社が同時に「あしたのジョー」についての版権を持っているという事でしょうか。

一昔前なら「京楽じゃなくてサミーからか…」となりそうですが、ウルトラマンバトル烈伝をはじめとする、最近の京楽のコケっぷりを見ているとどちらでも良いですね(^^;

スペックは荒波のロングST

スペックは、初当たり確率1/390のマックスタイプで突入率50%のV-ST機。

一度STに突入してしまえば、電サポ中の当たりは全て2,400発の16Rなので、その破壊力はかなりのもの。

ただし問題はST回数。

間もなく導入される「CR絶狼(ゼロ)」もそうですが、最近の台は、何故かST回数がとんでもなく長くなる傾向にあります。

止め打ちや捻り打ちを駆使して電サポ中に出玉を増やせる猛者ならともかく、99%の打ち手はほぼ打ちっ放しで、電サポ中は出玉が微減していくのが当たり前。

となれば、消化時間(STや演出)が長くなれば長くなるほど打ち手にとってマイナスとなります。

最近の等価ホールなんかは通常時もクソ回らないのに、右まで必死に削るホールばかなりなので、このような環境下ではロングSTなんて打ち手にとってデメリットしか無い気がするのですが…。

その分、演出時間などで調整しているとは思いますが、時短中に上皿が崩壊する時ほどストレスを感じる瞬間は無いので、そういった事態にならない事を願います…。

通常時は、潜伏などは搭載されていないので、STで一発当たるかどうかといった潔いギャンブル台ですね。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

投稿されたコメント(10件)

  1. グッチょね より:

    ご返事ありがとうございます。京楽時代からのジョーの大ファンです。立石幻影ゾーン?でしたっけ あれが出た時はいつもチビってました。今思えばあれ以来あの期待感を味わえる台に出会ってないような気がします。チョンボさん?Twitterをやらないのでブログが見れなくて残念です。

    •  (0)
    • chonbo より:

      京楽のジョー懐かしいですね!
      自分も大好きでした。全奥導入前に京楽の直営店サンシャイン京楽で打ったりしていました。

      •  (0)
  2. グッチょね より:

    あしたのジョー最高です。ただ近所の⭕ハンにはもう甘デジしかありません。いい思いもしたことがあまりないんですが、あのキリン柄保留のグローブが出た時の快感が忘れられないなぁ…当たりましたけど。

    •  (0)
    • chonbo より:

      >>グッチょねさん
      キリン柄良いですね!
      しかしMAXはもう見かけませんね。
      撤去リスト」にも名前があがっていましたし…

      •  (0)
  3. 匿名 より:

    7万入れ負け もう二度としない。

    •  (0)
    • chonbo より:

      7万は痛いですね。
      MAXタイプは怖いです…^^;

      •  (0)
  4. シン より:

    正直、打ちたいと思える台はないな。打ち手のデメリットが増えてるスペックでは客は戻らん。上っ面のとこじゃなく、本質的に変えんと駄目。負けやすさがどんどんアップしてるだけ。当たらん、続かん、出玉は鳩のエサで挙げ句には、メリハリのねえ予告てんこ盛りで打ち手が増えるかよ?新台情報見る度にやりたくなる台のない事にがっかり。今回もパス。パチ屋に並びたくなる台を作ってくれよ。いい加減に。

    •  (0)
    • chonbo777 より:

      あしたのジョーは京楽でもすでに出ていましたしね^^;
      最近の新台の魅力の無さは同感です。とりあえず売る為にバンバンだしてきてるだけで作り込みも甘く、1回打てば飽きるような1発屋芸人みたいな台ばかりです。
      版権やメーカーだけで売れるような流れでは無くなってきているので、メーカーも考えを改めてくれれば良いのですが…。

      •  (0)
  5. UC より:

    そのとおりですね、デメリット台 反対!!

    •  (0)
    • chonbo777 より:

      昔はST60回転とかが主流でしたよね。
      需要があるからなのかもしれませんが、これだけロングSTばかりだと…。

      •  (0)

TOP

人気台