バジ絆が今年(2016年)いっぱいで撤去されるのか否か

フリーズ1確目

先日、2回目のBC中フリーズリプレイを引きました。リールエフェクトからの矛盾!この衝撃はたまらないですね!

という訳で、相わからずバジ絆ばかり打っている管理人です。

今回は少し前から色々と噂になっているバジ絆の撤去問題について触れてみようと思います。

スポンサーリンク

バジリスク絆は今年いっぱいで撤去されるのか

まず、一応説明しておくとパチンコ・スロットは原則として検定を通過した日から3年しか設置出来ないと決まっています。

バジリスク絆が導入されたのが2014年の1月、検定通過が2013年の12月。という事で設置期限は今年の2016年12月までになります。

みなし機

ただ、撤去となると変わりになる新台を入れ替える費用や準備などもあるので、そこまで厳しく取り締まられる事はありません。

要するに警察の温情によって大目に見てもらっているというのが現実です。

撤去期限が過ぎても設置されている台を「みなし機」と呼びます。

有名な所でいうと「北斗の拳 転生の章」。あの台はすでに検定が切れています。でもまだホールでは良く見かけますよね。

過去ではこのみなし機はほとんどのケースで見逃されたきましたが、規制のタイミングなんかでは急に厳しくなったりします。5号機へ移行したあたりはかなり厳しかったですね。厳しくしないといつまでも4号機が設置され続ける事になるので仕方の無い事だとは思いますが…。

メーカーは撤去したい

この「みなし機」。メーカーとしてはさっさと撤去して欲しいというのが本音でしょう。

いつまでも旧台に居座られると新台が売れなくなりますから。

『バジリスク絆』は新基準に該当しない高射幸遊技機にリストアップされている。このため日電協(パチスロメーカー団体)は「基本的に認定しない意向を示している」(阿部理事長)という。

引用:webグリーンベルト

現状では、

ホール:「絆は設置しておきたい」

メーカー:「射幸性高いし無理でしょ」

という感じですね。

各メーカー散々、射幸性の高い台を作っておいて今更…。と思いますが、規制の特需に乗っかろうとしているメーカーに何を言っても無駄でしょう。

売り抜ける法人も?

こういった動きを受けてか、すでに全系列店から絆を全て撤去したホールも現れた模様。(未確認情報です。大手をいくつかp-worldで確認した所残っていましたが…)

どうせ撤去となる可能性が高いなら、中古価格が高い今のうちに売っておこうという考えですね。

打ち手の事は何も考えていない軽率な行動だと思いますけどね。

自分ならそういったホールには絶対行かないです^^;

中古価格は上昇

中古機相場.comさんで絆の相場を見ると、上記のメーカーが認定しない意向を示したあたりでかなり下がっていますが、最近ではまた上昇してきています。

認定されると予想しているホールが多いという事でしょうか。

個人的にはもちろん認定して欲しいです。

ただ、客観的に見ると「絆が今年いっぱいで撤去されるかどうかはまだ分からないけど撤去される可能性の方が若干高そう?」といった感じがします。

結局、メーカーが一番力を持っているし法律や警察を盾に迫られたら、ホールやユーザーが何を言おうが相手にされる訳がありませんから…。

規制絡みも大きいです。

10月からまた絆を認定するかどうか協議をしていくようなので、その結果に注目ですね。

(今のうちに絆をいっぱい打っておかねば…)

追記:継続して設置される事が”ほぼ”確定したようです。部品のチェックなど諸々で1台あたり14万円かかるという話ですが…。とりあえずは一安心して良さそうですね。

にほんブログ村 スロットブログへにほんブログ村


スポンサーリンク

12 COMMENTS

ラオス

腐った業界。過剰演出こそ規正しろ。chanceってどれくらいチャンスなんだ?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

スポンサーリンク

コメント12件