ナイトオブマハラジャ|スペック・導入日・設定判別・評価

ナイトオブマハラジャ

デンケン販売より2016年導入
スロット「ナイトオブマハラジャ」のご紹介。

ボーナスを引いても1500G継続するプレミアRTを搭載!

スペック・導入日・設定判別・評価などを紹介していきます。

スポンサーリンク

基本情報

導入日やスペックといった基本情報の紹介。

導入日・機種概要

ナイトオブマハラジャ筐体画像

機種名 ナイトオブマハラジャ神秘なる秘宝
メーカー デンケン販売
仕様 A+RT
回転数/50枚 35回
導入日 2016年
導入台数

スペック・導入日

設定 ボーナス合算 割合
設定1 1/141 97.5%
設定2
設定3
設定4
設定5
設定6 1/97 107.3%

ボーナス

ボーナス 獲得枚数
BIGボーナス 220枚
大ステルスボーナス 100枚
小ステルスボーナス 40枚

RT「ナマステモード」

契機 小ステルスボーナスの一部
継続G数 1500G

途中でボーナスを引いても1500G消化までRT継続。

目次へ

スポンサーリンク

評価・動画

ナイトオブマハラジャの評価や動画などの紹介。

管理人所感

デンケン販売から登場!

聞き慣れないメーカー名ですね。初参入か?と思い少し調べてみた所、過去に3機種ほどリリースしているようです。

  • 2007年:ぴかったシーサー
  • 2008年:トリプル沖V
  • 2010年:バタフライ

どれも聞いた事すら無いです…。

全部打った事がある人っています?

いれば「パチスロ博士」を名乗って良いレベルだと思います。

仕様は、ボーナス確率を重視したA+RT。初当たりは非常に軽いですが、ボーナスの獲得枚数がかなり少なめ。そして最大の特徴は1500GのRT。

こちらはボーナスを引いても、ボーナスを消化してそのまま再度残りのRTを消化出来るようなのでかなりの破壊力がありそうですね。

消化に時間もかかるので、最低でも2時間以上打てる時に引きたいですね。

(そもそもホールで見かける事があるのか分かりませんが…)

あくびちゃん?

筐体のこのキャラはどこかで見たような…。

PV動画

「ナイトオブマハラジャ」の機種解説動画。

解説のこの素人感がなんとも…(笑)

ユーザー投稿画像

現在、「ナイトオブマハラジャ」に関する写メを募集中です。

  • プレミア
  • 面白画像
  • 実践報告
  • 高設定確定演出

などなど、投稿は下記コメント欄にてお願い致します。

目次へ

スポンサーリンク

みんなの評価

評価を投稿する
1
2
3
4
5

※連投・他者への誹謗中傷などは削除させて頂く場合がございます
※機種に対する評価以外は下記コメント欄にてお願いします

投稿
     
キャンセル

評価を投稿

みんなの評価(平均4.8) 
 6件
5件
1件
0件
0件
0件
ナマステ

ナマステモード初めて味わいました、コイン持ちが上がります、1k50回くらいですかね、幸いにして高設定だったので良かったですが、設定悪かったり、ハマったらしんどいっすね。
ジャグみたいに大ハマりも見たことないので、ストレスは少ないです!

マサ

まさか全国で2店舗にしか置かれていないとは……。(Pワールド調べ)そして、そのうち1店舗は私んちの近所でしたw

貴重になるであろう実践報告ですw

率直な感想としては、おっさんの声が面白かった、です。
ボーナス告知で色んなキャラのボイスが発生することがあるんですが(ガセも多い)、
「ナマステ?」
とか
「チャーーーーーーーーーーーーーンス!」
とか急に喋るw それにクスッとしてしまいました。

残念ながら1500GのRTは体験できませんでしたが、合算確率からするとおそらく設定4だったこともあり、軽いボーナスと割といいコイン持ち(1000円平均35Gくらい?)に助けられ、プラス800枚くらいで終われたのでよかったです。

気分転換にゆる~く遊ぶにはいいと思います。置いてあればですがw

たか

謎すぎる台ですね!解説者もフリーズ引いて焦ってますね(笑)

むむ

解説が面白すぎますw
たどたどしい口調、フリーズそのものの説明、久しぶりにツボに入る動画でしたw

筐体右側にいるのは・・・すも・・・すもも・・・すももちゃ・・・
いや、なんでもないです。

ケルビン

解説グダグダかよw
ただ一回は触ってみたいなかも〔設置ない〕

みおちん

こういう謎スペック台は打つまでワクワクできるので嬉しいですね!
PVでは話し方と手から見るに開発者がインド人なんでしょうか…
個人的にはフリーズの説明を何度もリピートしてしまうほどツボってしまいました

https://chonborista.com/wp-content/plugins/wp-customer-reviews-c/

4 COMMENTS

ペル

なんか、くっそ懐かしい仕様で笑ってしまいました。

「ザ・ドゥーナッツのトンdeピース」
って台があって、基底状態で
・ベルを引くと500GのRT
・リプレイを引くと180Gの疑似通常(リプレイ確率低確率の内部RT)

で、500GのRTはボーナスを貫通してまるまる消化出来るのですが、ここにそこそこの技術介入がありまして…
・成立したボーナスを速やかに揃える必要あり→ボーナス確定画面でもお構いなしにRT残ゲーム数が減算される
・RT中のボーナス消化中もRT中なのでRTゲーム数が減算される。かつ高確率で小役とリプレイが同時成立しているため、リプレイが揃わないよう左リールにチェリーを狙って消化する
・逆に疑似通常中である180Gのリプレイ確率低確率のRT中は、ボーナスの消化ゲーム数をリプレイを揃えて伸ばしたいためチェリーを避けて止める

という感じなのですが、この台だとおそらくRT突入はプレミアフラグからスタート。
ボーナスは左リールに7/BARの塊さえ狙っておけばオート入賞といった感じになりそうですね。
ただ上にも書いたようにボーナス入賞に手間取ると問答無用にRTゲーム数が減算されるため、そこは気を付ける必要がありそうです。

返信する
chonbo(管理人)

>>ペルさん
「ザ・ドゥーナッツのトンdeピース」
てすごい名前の台ですね(笑)
しかし、調べてみたら昭和の台かと思いきや5号機なんですね。
聞いた事も無かった…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

スポンサーリンク

評価6件 コメント4件