ちょんぼりすた|パチスロ解析

CR大海物語BLACK|MAX・ライトミドルスペックの詳細・攻略情報

      2016/03/04 コメントはまだありません

海物語

SANYOから海物語シリーズの新作「CR大海物語BLACK」が2015年7月に登場予定。

今回の海はSTタイプ。

大当たり確率の異なるMAXとライトミドルの2機種が同時にリリースされます。

以下でそれぞれのスペックの詳細などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

大海物語BLACKのスペックや導入日

大海物語BLACK|基本スペック

項目 MAXタイプ ライトミドル
当たり確率 1/399 1/199
ST中の確率 1/67.8 1/40.2
ST突入率 100% 100%
ST回数 101回 51回
ST継続率 約78% 約72%
時短回数 100回 50回
大当り出玉(表記)
16R 1920個 1664個
8R 960個 832個
4R 416個

ラウンド振り分け

MAXタイプ

ヘソ・電サポ共通 電サポ 振り分け
16R確変 ST100回+1 50%
8R確変 ST100回+1 50%

ライトミドル

ヘソ・電サポ共通 電サポ 振り分け
16R確変 ST50回+1 25%
8R確変 ST50回+1 37.5%
4R確変 ST50回+1 37.5%

※ST最終回転は電サポが作動しない

大海物語BLACKの導入日・概要

項目 MAXタイプ ライトミドル
メーカー SANYO
区分 MAXタイプ ライトミドル
賞球数 3,2,10,15 3,2,10,13
カウント 8C 8C
導入日 2015年7月以降
導入台数 約10,000台 約20,000台

目次へ

大海物語BLACKのボーダー・攻略情報

ボーダーライン

交換率 MAX ミドル
2.5円 22 22
3.0円 20 20
3.3円 19 20
3.5円 19 19
4.0円(等価) 17.4 18.0
算出条件
6時間遊技・出玉5%減を考慮

目次へ

大海物語BLACKの解説や所感

大海物語BLACKの特徴

基本は大海物語3の演出を踏襲。

機種名にもあるように「ブラックパール」といった黒を基調とした役モノや演出を追加。

スペック面ではSTタイプとなっていますが、MAX・ライトミドル共に潜伏などは搭載されておらず、当たりは全てST突入。

ヘソと電サポでラウンド振り分けも同じなので、取っ付きやすそうですね。

特にライトミドルの方はバランスが取れていて遊びやすそうな印象を受けます。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

投稿されたコメント(0件)

  1. チャッピー より:

    お疲れ様です。

    最新の海シリーズでさえ、導入しない店舗も増えてきています。

    メーカーが次々に出す新台を競合する他店と競い合うように導入する現在のやり方は、ユーザーにとっては、何ひとつメリットが無いと思います。店側には、導入する機種の選定をしっかりとしてもらいたいですね。機歴や台数も必要かもしれないけど店側が変わらないと業界は変わらない。

    •  (0)
    • chonbo777 より:

      今は鉄板と呼べるような台が無くなりつつありますね。
      昔は海だけ台数をシッカリ入れて甘めにしておけば良いやというような風潮があった気がしますが、今は海すらガッツリ回収モードのホールが増えました。
      ホール側はまずは機種選定をきちんと行い、その分、還元してユーザーに戻ってきてもらう所から始めて欲しいですね(^^)

      •  (0)

TOP

人気台