P009 RE:CYBORG パチンコ 新台 スペック 評価 ボーダー 演出信頼度

導入日2021年11月8日㈪。ニューギンの新台パチンコ「P009 RE:CYBORG(リサイボーグ)」の最新情報まとめページ。スペック・ボーダー・演出信頼度・評価などを随時更新!

スポンサーリンク

スペック

機種概要

台の名称 P009 Re:CYBORG M4-K
メーカー ニューギン
仕様 V-STタイプ
遊タイム 非搭載
導入日 2021年11月8日㈪
導入台数 約5,000台
P009 Re:CYBORGの特徴
  • RUSH継続率約90%
  • 最大出玉約1,400個
  • 加速RUSH平均払出約6,395個

スペック詳細

大当り
確率
1/199.8
1/43.74
ST突入率 約41%※
ST継続率 約90%
電サポ回数 100回
賞球数 1&1&5&14×10C

※時短100回の引き戻し率約39.45%、残保留4個約1.99%の合算値

P009 Re:CYBORG_ヘソ内訳
P009 Re:CYBORG_電チュー内訳
ヘソ大当り時
(特図1)
R 電サポ 払出 割合
7R確変 ST100回 980個 0.5%
3R時短 時短100回 420個 74.5%
2R時短 280個 25.0%
電チュー大当り時
(特図2)
R 電サポ 払出 割合
10R確変 ST100回 1400個 9%
9R確変 1260個 1%
8R確変 1120個 1%
7R確変 980個 7%
6R確変 840個 7%
5R確変 700個 10%
4R確変 560個 15%
3R確変 420個 50%

ゲームフロー

009_ゲームフロー

初当りはほぼ通常大当りに当選して、時短100回のチャンスタイムかチャンスゾーンに突入。そこで引き戻せればST100回の加速RUSHへ突入する。

チャンスゾーンは2種類の演出モードから選択可能で、チャンスタイムは特殊演出による大当りから突入。どちらも時短引き戻し率は約41%となっている。

継続率約90%の加速RUSHは2パートに分かれており、EXTRA ZONEに突入すれば大チャンスとなる。

スポンサーリンク

評価等

管理人解説・感想

サイボーグ009のパチンコ最新作。

2014年に導入された「CR 009 RE:CYBORG」を踏襲したスペック。まだ演出については一部しか判明していませんが、名称や液晶画像等を見ると演出もCR機のものを流用していそう。

009リサイボーグを現代版のアレンジした台といったイメージかもしれません。

公式サイト

公開され次第追加。

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

15 COMMENTS

匿名

CRの頃のと比べると、大当たり確率が1/215→1/200になったのと、突然時短がなくなって必ず出玉ありになったのが嬉しいですね。

最大出玉が2000→1400に下がってるんで、
・ヘソ賞球2個以上(出来れば3個)
・ウルトラセブン超乱舞みたく、500回で遊タイム突入
・継続率をさらに上げる
のどれか1つは欲しかったところ。

加速RUSH入るまでは打ってみたいと思います。

返信する
匿名

1/43を100‎回転とか無理ゲーですね
100超えることの方が圧倒的に多いですよ
時短突破型だし遊タイムもないし、継続率も低い
流行りませんね

返信する
りょ

ありがとうありがとうありがとう

この世で一番打ったので期待しかないです

返信する
ちょんぼ(管理人)

りょさん、こんにちは!
相当打ち込んだのですね。
また初打ちされたら感想なども教えて下さい!

返信する

スポンサーリンク

 
コメント15件

ページ内の目次

 

注目のスロット

注目のパチンコ

注目の新台