パチスロ6.5号機の内容が正式決定!有利区間上限4000G・差枚管理への変更

6.5号機

この度、パチスロ6.5号機に関する内容が正式に発表されました。

6.5号機の詳細
  • 出玉の上限を「差枚」2400枚に変更
  • 有利区間上限4000Gに増加
  • 2022年1月17日より持ち込み開始
  • ホール登場は5〜6月予定

参考「web-greenbelt

既に出回っていた情報なのでご存知の方も多いと思いますが詳しく解説していきます。

有利区間上限

有利区間の上限が3000Gから4000Gに伸びます。

仕様 有利区間上限G数
6号機・6.1号機 1500G
6.2号機 3000G
6.5号機 4000G

差枚数への変更

2400枚出たら終わりの今までと異なり、吸い込み分+2400枚までの出玉が可能に。例えば、投資2000枚から当たれば一撃最大4400枚まで獲得できます。

注意

有利区間リセット=差枚リセットと思われるのでその点は注意が必要。

まとめ

有利区間ゲーム数の増加はこの差枚への影響を考慮しての側面が強そうですね。

6.5号機の登場で5号機撤去後の厳しい状況を乗り切れるとは思えませんが今までより幅が広がるのは間違いありません。メーカーの努力に期待しましょう。

ちょんぼ

緩和が続くのは嬉しいのですが、正直言ってまだまだ足りないですね…。スマートパチスロでの更なる緩和や、いずれ来るであろう7号機での短期〜長期試験の見直しに期待したい所。

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

169 COMMENTS

匿名

スロットってパチンコと違って知識ないと損する割合が強いのに、今回の6.5号機で更に知識を求めるのは打ち手を困惑させるのでは?って思うんですけどどうなんですかね…。
少なくともスロット初心者の自分は、玉入って当たるか当たらんのパチンコの方が気楽で良いやって思います。覚えるのも遊タイムだけでいいし。

返信する
ちょんぼ(管理人)

色々と難し過ぎますよね。
普通に作って市場で稼働できる台ができるようになって欲しいですね。

返信する

スポンサーリンク

 
コメント169件
 

注目のスロット

注目のパチンコ

注目の新台