【冬の時代は継続!?】2021年2月の保通協におけるパチスロ適合率が大幅にダウン

こんにちは。
管理人の「ちょんぼ(@chonbo7771)」です。

今回は少し気になるニュースがありましたのでお伝えしていきます。

保通協のホームページ上で2021年2月の型式試験状況が公開されました。

型式試験実施状況

型式試験実施状況

注目は回胴(パチスロ)で73件中適合が13件、不適合が60件、適合率にするとわずか18%という数値。ちなみに2021年1月は31%でした。

不適合となった理由を見ていきます。

不適合事項

保通協 不適合

引用「一般財団法人保安通信協会
※遊技機の型式試験業務→試験の現状(PDF)→統計資料(2021年03月01日)から見れます

「出玉率が規則で定める値を超えた」という言葉が並びます。これ即ち出たから落ちたという事。この試験で運良く(もしくは元から出玉性能が低く)出なかった機種が適合となり検定を経て世にリリースされます。一応下限もありますが恐らく上限で落ちたのが大半でしょう。

これは今に始まった事ではありませんが、毎度同じようにコケる機種の裏でこういった事情もあるというのを一般ユーザーの方に知って頂く良い機会かなと思い紹介しました。つまり、クソ台を連発するメーカーも悪いがクソ台しか出せない理由も一応あるという事…

パチンコは魅力的な新台がどんどん公開されいますが、パチスロは6.1号機になっても大きな改善は見られず、まだ暫く厳しい状況が続きそうです。

ちょんぼ

どげんかせんといかん

スポンサーリンク

コメントを残す

画像ファイルを選択

※ファイルサイズが大き過ぎるとエラーで反映されない場合があります

27 COMMENTS

匿名

5号機や6号機の方が個人投資では圧倒的に多いそうですね
設定で出ないせいもあるかもしれませんが、せいぜい出ても1000枚程度
パチンコばかりに客が集まっても12.3回ばかり
優良店も消えて、地方のホールは閑古鳥
国は何がしたいんだ?スロットが全盛期の頃の方が経済が回っていただろう
日本は自分のクビを自分で締めてる。公営ギャンブルなんてスロットユーザーは行かない

返信する
ちょんぼ(管理人)

カジノに向けてパチンコ業界を削っている…
という側面は少なからずあるかもですね。
IR法案の時に射幸性にスポット当たっていましたし、ただのとばっちりかもですが。

返信する

スポンサーリンク

 
コメント27件
 

注目のスロット

注目のパチンコ

注目の新台