ちょんぼりすた|パチスロ解析

【パチスロ雑記】2014年上半期・新台ランキングBEST5

2014年、上半期に導入された新台を対象にランキング。

まずはエントリー選手のご紹介。

2014年上半期(1月1日〜6月30日)導入パチスロ台

2014年1月導入機種

  • 仮面ライダーUNLIMITED:タイヨーエレック
  • 機動戦士ガンダム:Bisty
  • シティーハンター:オリンピア
  • 激闘!西遊記:KPE
  • うみねこのなく頃に:オーイズミ
  • バジリスク~甲賀忍法帖~絆:エレコ

2014年2月導入機種

  • 輪廻のラグランジェ:サミー
  • ゲゲゲの鬼太郎~ブラック鬼太郎の野望~:藤商事
  • 主役は銭形2:オリンピア
  • JACKPOT:ヤーマ
  • クイーンオアシス:パイオニア
  • ヱヴァンゲリヲン~決意の刻~:ビスティー
  • アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver-:ミズホ

2014年3月導入機種

  • 聖闘士星矢-黄金激闘編-:三洋物産
  • ンゴロポポス~ピンチ!捕われの爺~:大都技研
  • グラップラー刃牙~最大トーナメント編~:ニューギン
  • ビッグボーナスX64:タイヨー
  • スロットジャックポット:岡崎産業
  • モンスターハンター-月下雷鳴-:エンターライズ
  • ハイハイハイビ-30:パイオニア

2014年4月導入機種

  • サムライスピリッツ~剣豪八番勝負~:SNKプレイモア
  • パチスロ モンキーターンⅡ:山佐
  • ハッピージャグラーVⅡ:北電子
  • マタドール-30:北電子
  • 緑ドンVIVA2:エレコ
  • マジックモンスター3ぶっちぎり!魔界グランプリ:オリンピア
  • 喧嘩祭:KPE

2014年5月導入機種

  • パチスロ御伽屋HANZO:タイヨーエレック
  • 麻雀格闘倶楽部:KPE
  • B-MAX:アクロス
  • ハイサイ蝶特急ターボ:タイヨー
  • メイドル騎士:JIN
  • マクロスフロンティア2:SANKYO
  • サムライチャンプルー流転輪廻:ニューギン
  • ロストアイランド:サミー

2014年6月導入機種

  • 蒼天の拳2:サミー
  • テンパイラッシュ:パイオニア
  • ケロット3:山佐
  • 餓狼伝説PREMIUM:SNKプレイモア
  • 戦国乙女~剣戟に舞う白き剣聖〜-西国参戦編-:オリンピア

2014年上半期の導入台数は40台

合計40台。

全体的な印象としては上(良台)と下(ク○台)のブレ幅が広い。

打った事が無い台もチラホラありますが…。

それは気にしない方向で。

それでは5位からいってみます!

新台ランキングBEST5

第5位:ケロット3[山佐]

スロット・パチスロ・ケロット3画像

Aタイプで設定6のボーナス合算が1/112.9。機械割は115.4%

設定6が入るかどうかは問題じゃない。設定6を掴めばジャグラー以上の確率でボーナスに当選する。この事実が大事。

「焼かれながらも人は、そこに希望があれば付いてくる。」

akagi

アカギさんもそう言っていた。希望(機械割)を奪ってはいけない。

演出も山佐にしては、★4の演出がハズレまくるという事を除けばなかなかのバランス。

BAR中のビタ押しという設定看破には必要だけど、枚数には影響の無い所に技術介入要素をいれた所も良いと思う。

設定看破要素も豊富で高設定が分かりやすのも◎。

もっとこういった遊びやすい、それでいて勝ちやすいAタイプが増えて欲しいと思う。ちゃんと設定を入れるホールを選ぶ指針にもなりますからね。

第4位:アナゴ[ミズホ]

スロット・パチスロ・アナゴ画像

アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver-。通称アナゴ。

この台の良い部分は1つに集約されています。

それは

GODを引いた瞬間?

ノンノン

ハーデスでゴリゴリ乗せた時?

ノンノン

それくらいは他の台でも味わえます。

一番良いのはそう。全回転!

アナゴ全回転の魅力

何が良いかってその入り方。

なんと、全回転の時だけ「ウェイト無視」でリールが回り出します

通常、パチスロの遊戯は、1回転4.1秒以上と規定で決まっています。

なのでレバーオンからリールストップまで全ての動作を2秒で終わらせたとしたら、次のレバーオン時に2.1秒待たされる訳です。これがパチスロで言う所の「ウェイト」。

アナゴに限っては、この「ウェイト」が掛からず回る瞬間があるのです!それ即ち全回転確定の瞬間。

時間にして1秒〜2秒くらいですが、画面が割れる前にそれを察知出来るのです。このウェイトが掛からない一瞬の「え!?」という違和感がたまりません。

周りの人間より先に打っている自分だけが感じる事が出来るのです。

これを2回ほど経験してから「ウェイトが無視される瞬間」ばかりを意識して打っています。

第3位:B-MAX[アクロス]

スロット・パチスロ・B-MAX画像

オッサンホイホイ。

最初は「BIGの枚数調整めんどくさいな」くらいにしか思わなかった台ですが、打つ程にこの台の拘りが見えてきます。

まず、リーチ目に重点を置いた事。

「擬似的な小役補正」を取り入れ、チェリーを取りこぼしても大丈夫。スイカもたったの1枚。

これによりフリー打ちと小役狙い打法でほとんど変わらない回転率を維持する事に成功。

わざと取りこぼしてリーチ目かどうかを楽しんだりも出来ます。予告音も演出も何も無い。とにかく出目でボーナスを察知する台。パチスロの原点ですね。

次に、市場のニーズを無視した事。

今導入されている台を見れば分かる通り、第1に純増枚数。第2に特化ゾーンのインパクト。こんな事ばかりを意識しています。イメージ的には仮装をした一発屋芸人。出落ちです。最初のインパクトしか狙っていないので当然すぐ飽きられます。

「売れる台を作る」メーカーにとっては商売なのだから仕方の無い事かもしれません。

しかしこの台は違います。ハナから売れる事を目的としていない。

5000台限定の販売だし、「高い技術介入要素」「演出なしのシンプルさ」と市場のニーズに逆行しています。流れるプールで1人だけ流れに逆らって泳いでいます。

そんな所を最大限に評価したい。アクロスにはこれからも頑張って欲しい。

第2位:モンハン(エンターライズ)

スロット・パチスロ・モンハン画像

これはデキレだろ!

と最初は本気で思っていました。

残りHP1mmで逃げられたり、後半鬼の追い上げで倒したりと展開がドラマチック過ぎですよね。

しかし、解析結果を見てビックリ。全てのモンスターにHPが数値として設定されおり、小役や仲間により全て細かく毎ゲーム、毎ゲーム、ダメージや特殊行動の抽選がされています。

その抽選が幾重にも絡み合う事で、あそこまで手に汗にぎる狩りを実現する事が出来るのですね。

素直に感動です。

唯一残念なのが通常時。128ゲームを抜けると、早くも天井が見えるので打ちたくても打てない。

AT中だけなら5号機屈指の名機。

第1位:バジリスク絆(ユニバーサル)

スロット・パチスロ・バジリスク絆画像

この台は5号機どころかパチスロ史上に残るくらいの名機だと思っています。

毎日でも飽きずに打てそう。そんな思いを抱いたのは数年ぶり。

Ⅱも良い台でしたが、悪かった部分を改善し、更に進化させた感じ。

まずは演出。Ⅱは赤が出ないと捨てゲーム。赤が出ればほぼ当たりというバランスでしたが、これだと告知まで見る必要がなくなります。途中で結果が見えているわけですから…

絆では赤が確定レベルから激アツレベルに格下げされた変わりに、弱い演出でも当たるようになっています。このバランスがなかなか良い。

確定はレインボー等で表現すれば良く、激アツはあくまで激アツ。ハズレる事があってしかるべきだと思います。逆に頻繁に激アツと煽っておいて、ハズレまくる昔の山佐みたいな演出バランスは最悪ですが…

次にAT中は絆高確があるお陰で継続率が全てではなくなった点。絆高確次第では最低継続率でもかなり伸びたりしますからね。想高確中なら弱チェでも仕事をするし、演出や押し方を絡める事で色々な楽しみ方が出来ます。

例えば、人数決定時に中押しで巻物イチカク目。更に人数が奇数。もうこの時点で「なし汁プッシャー」ですよね。次ゲームで縁高確がくればBC確定ですから。BCならもう一度継続抽選を受けられるので、次回の継続にも期待出来ます。

このたまらない瞬間を味わえる法則が随所にあり、いつまでも飽きずに打てる要因の1つだと思います。

まだ書きたい事は山ほどあるのですが、つい数日前に書いた

【スロット・パチスロ】4号機&5号機ランキングBEST50・好きな台や名機達

こちらの記事でも紹介しているのでこのあたりにしておきます。

ホールには長く大事に使っていって欲しいです。

ワースト1位:マクロスF(SANKYO)

番外編。

ワースト1位はンゴ…

じゃなくてマクロスF!

何が悪いかってその騒音。最悪という他ありません。

音が大きいだけならまだしも、耳にキーンとくる不快な音。音量調節をしていないホールではひどい有様です。耳栓が無いと難聴になる危険性すらあります。

制作に関わった人間は耳が悪かったのでしょうか。

あの不快な騒音をまき散らす台で「よっしゃ!これで行こう」となった意味が分かりません。裏で耳栓メーカーと繋がっているのでは?という疑いすら抱きます。

マクロスフロンティアは原作も見た事があり、密かに期待していただけに非常にガッカリです。

最後に

たまたま負けた台は評価が下がるし、美味しい思いをした台は評価が自然と上がると思います。

そういった感情的な部分や個人的な趣味も含めつつ選んでいます。

もし共感して貰える方がいれば嬉しいです。

それではまた下半期ランキングで合いましょう!(あ、ブログの更新は毎日していますよ)

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

投稿されたコメント(0件)

TOP

人気台