ちょんぼりすた|パチスロ解析

11月より等価交換廃止の流れでパチプロ大打撃!?

      2015/09/01 25件のコメント

どうやら兼ねてより店長系のブログやツイッターなどで噂されていた「等価交換禁止」が11月より本格的にスタートで確定のようです。

地域は東京。

大阪方面ではすでに非等価の流れが普及していますが、東京でも決定したという事で全国的に普及する日そう遠くないでしょう。

これによる影響や今後について少し触れておきたいと思います。

スポンサーリンク

客にとっては不利?

遊技客全体から見れば間違い無く「不利になる」と言えます。

今は遊技客から利益を搾り取る事しか考えないホールが大半。交換率が下がろうが設定を増やしたりクギを開けるホールは極一部。

「リニューアル!」

と扮して交換率変更し、その分だしますよ的なアピールをしておいて、その実中身は今までと変わらず、で絞り取る画しか想像出来ないですね。

ホール選びは今まで以上に重要になってくると思います。

「新台が多い」「綺麗」「大きい」「客が多い」なんて理由だけでホールを選んでいるとケツの毛までむしりとられます。

エナプロは死亡!?

中でも一番の打撃を受けるのが「ハイエナプロ」でしょう。

ただでさえ新基準機で厳しいハイエナが等価が廃止される事で更に厳しくなります。

例えば、最近出たストライクウィッチーズの天井期待値を例に見ます。

天井期待値

参考:スロプロドットコム

あくまでも予想を含む計算ですが、700Gから等価なら520円の期待値がある所が5.5枚なら-90円の赤となってしまいます。

規制によって不味くなった飯に更に泥を塗るようなもの。食って行けなくなる人が続出するのは間違い無いですね。

4号機から5号機への移り変わりの時期でもかなりの数のパチプロの廃業を見てきましたが、今回の規制から続く流れはそれに近いか、もしくは越えるレベル。

自分も昔はパチンコ・スロットのみで食う生活を続けていた事があるので、その苦労は察します。

パチプロとは

※脱線します

以前、メールでパチスロで生活していきたいと相談を頂いた事もありますし、良い機会なのでパチプロについて書いておきたいと思います。

最初に結論から言うと絶対オススメ出来ません。

それだけを生活の糧にしていると常に先行き不安でかなり辛いです。

耳・肺・肩・腰と健康を害し、社会性を著しく失い、回りの一般客やホールからは煙たがられ、歳を取る毎に集まりに顔を出し辛くなり…ってここまで書いて何で自分はパチプロしていたのか不思議でなりません(笑)

もしこの記事を見てくださる方の中にパチプロがいたら、今回の規制の流れを機に就職等を検討した方が良いでしょう。

生活出来るほど勝てているのなら「要領は良い」と思うので、職歴なんて無くてもなんとでもなるとは思いますが、人生をパチスロに例えるならその行為自体が期待値マイナス。

投資やネットビジネスに進もうと考えている方も多いと思いますが、それらはパチスロよりも更にハードルが高く、競争率も高い世界。

その地域で立ち回るだけのパチプロとは違い日本中、もっと言えば世界が相手となるので成功する事も維持する事も並大抵ではありません。

そこでの挫折が遅いほど目もあてられない事態に陥る事になります。

パチスロに例えるなら、パチプロのイメージはゴッドの設定1。

どこかで一発事故らせないと厳しい戦いになるのは間違いないです。

しかし、パチプロで成功している人ほどギャンブラー気質では無い人がほとんど。

期待値を積み重ね、誘惑を全て断ち切り、小さな事からコツコツ積み重ねられる人だけが生活していけるだけの勝ちを手に入れられます。

期待値マイナスの下の振れ幅が大きい人生なんて望んでいないはずです。

しっかり働いた上で時間を有効に使い副業か何かをやるというが一番理想的な形だと思います。

あくまでも個人的には

話が逸れましたが規制の話に戻します。

今回の等価禁止はマイナスなイメージしかない規制に見えますが、個人的にはこの等価廃止の流れは大歓迎。

何故ならハイエナは補助的に見つければ使う程度で普段は非等価で設定狙いをメインに立ち回っているからです。

仕事終わりに少し勝負という時はハイエナ目的で等価を選ぶ事もありますが、朝からゆっくり打てる時は必ずと言って良いほど非等価ホールを選択します。

ガチプロの時とは違い今は「パチンコ・スロットを楽しみたい!」という思いが強いので、同じ金額を勝つのなら絶対的に高設定or回る台の方が面白いですからね。

同じように考える人にとっては、全てが悪いニュースという訳でも無いと言えます。

むしろ7枚でも…

今とは環境が違い過ぎるので比較すること事態がナンセンスかもしれませんが、昔は7枚交換でも普通に生活していけるだけの収支をあげる事が可能でした。

夕方からの設定発表&確認可能、毎日1機種に1台必ず56投入という環境でしたが…。

ただし、今は何度も言うように「短期的に利益をあげる事しか考えていないホール」が台頭している状況。

等価の中に非等価があるから差別化が図れるものの、全ホール一斉に非等価になるのなら、全ホール一斉に利益目標を上げるだけ。

その分、還元しようとするホールなんて極めて少ないでしょう。

等価を不可にするのなら何かしら客にとって有利となる緩和(例えば設定確認や発表など)が無いと誰も納得しないです。

今はとにかく客に取って「面白くないうえに勝ちづらい環境」にずるずると流れていっています。

等価の誤爆狙いにエナ至上スペックの現状は望む所ではありませんが、土台がボロボロの状態で上だけ無理に修理しようとしても足下から折れてしまうだけです。

設定を入れてそれが遊技客に伝わる環境を構築してからじゃないと「損をした」という感情だけが先行してしまい本当に客が飛ぶだけ。

それともやっぱり業界を潰したいだけだから、今後も締め付けるだけ締め付ける気でしょうか。

理不尽な事でも黙って受け入れるしかないだけの状況に歯がゆさを感じますね。

等価禁止NEWSのソース:http://www.yugi-nippon.com/?p=2776

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

投稿されたコメント(25件)

  1. 怒涛のバケ男 より:

    返信ありがとうございます。
    パチもボーダー超えの期待値をコツコツ積む理論はスロットと同じなんですね。
    パチンコはほとんど無知ですが、近くの店の牙狼と海物語系(回るんじゃない方の海)が凄まじい客で
    60玉交換でかなり回るという話をよく聞くので、質問させて頂きました。

    •  (0)
    • chonbo より:

      そうですね。
      勝つ為には計算上プラスになる台をひたすら打つのみという点では同じだと思います。
      ただ、パチンコの方は1日に回せる回転数と大当たり確率が低い事から荒れる事が多いです。
      見た目で良いかどうか判別出来るという非常に大きなメリットもありますね。

      •  (0)
  2. 怒涛のバケ男 より:

    パチンコのボーダーラインについて聞きたいです。
    等価でボーダー17の機種の場合、止め打ちや捻りを駆使して
    持ち玉削りを最小限に抑えた上での数字なんですか?
    それとも、適当打ちで17って事ですか?

    •  (0)
    • chonbo より:

      怒涛のバケ男さん、こんにちは。
      ボーダーは記載しているサイトによって異なると思いますが、多く(当サイト含む)は出玉減を考慮しての数字なので、「適当打ち」と考えて差し支えないと思います。
      ザックリな例で申し訳ありませんが、時短中に増やせる調整で止め打ちを駆使すれば等価17が15とかになったりします。

      •  (0)
  3.   より:

    へぇこんなのあったのか
    スロプロ辞めてよかった
    今はFXで食べてイケてる、ぶっちゃけ税金かかるけど楽だしいいわ

    未だに一枚20円とかアホすぎるからな、勝っても上限あるし
    まぁスロで勝ててれば為替や株でも勝てると思うよ
    勝ち方に共通点あるし

    •  (0)
    • chonbo より:

      FX面白いですよね!
      自分も5号機移行でパチプロを引退して、その後少し投資などをやっていましたが、あまり才能が無かったようで結果はイマイチでした^^;
      特にFXは短期でやっていたので、24時間気になって睡眠も浅くり、友人などと遊んでいてもスマホばかりチェック。
      「これは危険だ」と思って辞めてしまいました。
      ちなみに、元手300万を1000万にしてリーマンショックで0にした友人もいます。

      •  (0)
  4. たっつん より:

    こんにちは、今回の記事かなり参考になりました。
    というか自分も薄々感付いてはいたのですが、エナで食えなくなる時代はそう遠くないと思います。

    今のうちに何か考えないといけませんね。

    宜しければ相互リンクの設置お願い出来ますか?

    •  (0)
    • chonbo より:

      たっつんさん、こんにちは。
      ハイエナ一本では今後厳しくなる事が予想されます。
      趣味として楽しみつつ知識や情報をしっかり身につけ、お小遣い稼ぎにするくらいが丁度良いかもしれませんね。
      相互リンクはリンクページにRSS、サイドバーには逆アクセス順のみの形態を取っていますが、それでもよろしければお願いします。

      •  (0)
  5. 元スロニート より:

    脱線記事、実に興味深く読ませてもらいました。私も4号機時代に学生時代から20代前半までスロニートしてました。今では仕事の休みを取って、月イチ程度で朝から、あとはアフターファイブを中心に攻めて楽しく年60から100程度の副収入を得させてもらってます。
    さて、私も主様と同意見で、パチやスロで勝てる人は働き口くらい簡単に見つけられると思いますし、続けていても、先行き不透明な業界ということは間違いないと思います。
    ただ、私のようなリーマンスロッターからすると、専業は必要な存在だと思ってます。というのは、専業のいないホールなんて設定は見込めないし、何より私の大好きなスロットをやるなら高設定を朝から看破しながら分回したいからです。つまり、設定状況のバロメーターになってくれていると思ってます。
    しかし、昨今の規制から、マーケットの縮小はヒタヒタと感じますし、専業の方々の引退以前に大好きなパチやスロその物がなくなる杞憂すら感じてます。

    乱筆なうえ支離滅裂な文面失礼しました。主様からはパチやスロに対する愛が感じられたので投稿してしまいました。
    4号機時代はもちろん良かったですが、鬼武者や蒼天あたりがメインだった業界が持ち直した頃から番長2くらいの時期のラインナップもすごい好きでした。また、業界が持ち直してくれることを願ってます。
    主様の記事も楽しみにしてます。
    元スロニートより。

    •  (0)
    • chonbo より:

      元スロニートさん、こんにちは。
      経歴や境遇がすごく似ていていますね(^^)
      (自分の場合は20代後半までスロニートをこじらせてしまったので、その後数年苦労しましたが…。)
      今は同じく副収入感覚を得ながら楽しむ事を重視して打っています。
      専業がいなくなったら設定にも何も期待出来ないという事なので、それこそ業界が終わる時かもしれませんね。
      そうならないよう業界には頑張っていって欲しいですね!

      •  (0)

TOP

人気台