ちょんぼりすた|パチスロ解析

【バーストエンジェル】設定判別に使える小役確率の差

【スロット・パチスロ】バーストエンジェル・設定判別

山佐の新台スロット「バーストエンジェル」。

約1/8000のフリーズが注目を浴びる本機ですが、実は設定によってATの初当たり確率にかなりの差があります。

設定1が1/394に対して設定6は1/248。

フリーズは狙って引けるものでもないので、それまでの投資を抑えるという意味でも出来るだけ高設定を打ちたい所。

そこで、設定判別に使えそうな小役確率が判明したので以下の記事で紹介します。

【バーストエンジェル】小役確率

設定判別に使える小役

設定 スイカ チャンス目 合算
1 1/99 1/100 1/49.7
2 1/96 1/99 1/48.7
3 1/93 1/97 1/47.4
4 1/91 1/96 1/46.7
5 1/88 1/95 1/45.6
6 1/86 1/93 1/44.6

設定判別に使える小役は「スイカ」と「チャンス目」

ただ、どちらも判別に使うには心もと無い数値なので、ざっくりと合算を計算してみました。

合算で見ると設定1で約1/50〜設定6で約1/45程なのでこれなら試行回数が増えれば多少は判別に使えそうです。

設定差の無い小役についてはこちら。

小役確率

  • リプレイ:1/2.5
  • 弱チェリー:1/91.02
  • 強チェリー:1/182
  • 赤7リプレイ:1/8192
  • 中段チェリー:1/65536
  • 純ハズレ:1/65536

ベルはAT中の実践値で1/1.82。

1000円あたりのゲーム数は約30.4G。

赤7リプレイはフリーズ確定です。GODと同じ確率で1日1回引けるかどうか。

中段チェリーや純ハズレの恩恵は判明次第以下のまとめページに追加するか記事として書きます。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台