ちょんぼりすた|パチスロ解析

【緑ドンVIVA2】設定看破・推測要素まとめ

obi

エレコより2014年4月にリリースされた「緑ドンVIVA2」

6の機会割は現行機種最高峰の119%

新しい設定推測要素が判明したので、過去のものと合わせてまとめてみます。

スポンサーリンク

【緑ドンVIVA2】設定推測

基本スペック

設定 X-BB BB REG ボーナス合成 ART確率 機会割
1 1/12644 1/499 1/590 1/265 1/617 97.4%
2 1/12675 1/494 1/587 1/262 1/599 98.7%
3 1/13266 1/458 1/573 1/250 1/566 101.7%
4 1/14223 1/452 1/539 1/241 1/506 106.4%
5 1/14567 1/407 1/556 1/231 1/476 111.6%
6 1/13915 1/394 1/591 1/220 1/404 119.3%

共通ベル出現率

設定 共通ベル
1 1/312
2 1/295
3 1/280
4 1/266
5 1/254
6 1/227

押し順ナビ無しで中段に揃うベルをカウント。

ART中、通常時と状態は問いません。

特定ボーナス出現率

前作でも重要な設定推測要素であった「特定ボーナス」

特定ボーナスとは

・弱チェリー+葉月ボーナス
・強チェリー+赤7
・弱風+ドンBB(中段揃いを除く)

この3種類。

合算で見るのがベター。

3種合成
設定1 1/1900
設定6 1/700

※実践値

弱チェ➡弱風➡葉月ボーナス

のようなケースでは、当選契機が不明になるので、自信の無い場合はサンプルから除外した方が良いでしょう。

しかし、ある程度は演出から推測可能だと思います。

通常時のVIVA目出現率

VIVA目1
設定1 1/32768
設定6 1/8192
VIVA目2
設定1 1/10922
設定6 1/4096

VIVA目1は左リール上段BAR図柄。

VIVA目2は左リール枠上BAR図柄。

※BAR狙い時

VIVA目とは通常時に出現するリーチ目の事。

設定6の上記合算出現率は1/2730。

分母が大きいので、サンプルが集めずらいです。

早めに複数回出現するようなら粘る根拠にはなると思います。

ビリゲゾーン突入率

ARTへの突入ルートのメインは

・通常時からの直当たり
・ボーナス中の抽選
・ビリゲゾーンからの当選

この3つです。

ボーナス中の抽選やビリゲゾーンからの2択には設定差が無い可能性が高いです。

見るべきは、「通常時からの直当たり」と「ビリゲゾーンへの突入頻度」でしょうか。

まだ正確な数値が出ていませんが、このあたりに設定差が存在しているのではないかと推測出来ます。

上の項目と合わせて総合的に判断したいです。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台