ちょんぼりすた|パチスロ解析

【スロットバットマン】重要な演出法則・状態とモード解析

【スロット・パチスロ】バットマン・まとめへ2画像

エレコの新台スロットバットマン」。

通常時に液晶で頻繁に繰り広げられる「会話演出」。

この中に重要な法則性が隠されていました。

スポンサーリンク

【スロットバットマン】状態とモードについて

まず、この台には強めなCZが用意されており、「モード」によって突入率が大幅に違うという話は以前の記事で書きました。

【スロットバットマン】リセット時は狙い目!自力CZ詳細解析

これを頭に入れた上で、更に「状態」という言葉が登場します。

ややこしいですね^^;

通常A〜逆境Bという「モード」とは別に「状態」という概念を加えてもとでチャンスゾーンの抽選をしているという事です。

この「状態」 は、会話演出から見極められる可能性があります。

 CZ高確濃厚の会話法則

■オラクル⇒ゴードン
「今日も平和でいいわね」➡「そうでもなさそうだ」
「パパー、そっちの様子は?」➡「少し怪しいな、そっちも注意しろ」
「チャンス…かな?」➡「まぁまぁだな」
「調子はどう?」➡「悪くはないな」

■オラクル⇒バットマン
「ちょっと騒がしくなったんじゃない?」➡「あぁ、少しな」

■ゴードン⇒オラクル
「怪しいな…」➡「ちょっとだけね」
「チャンスだ」➡「まぁまぁね」

■ゴードン⇒バットマン
「最近、この町の犯罪者が増えたような気がしないか?」➡「あぁ、そっちも十分警戒してくれ」

■バットマン⇒キャットウーマン
「準備はできているか?」➡「準備中…もう少し待って」

■アルフレッド⇒バットマン
「坊ちゃま、お気をつけて」➡「わかってる、気をつけるさ」

これらの会話が出現すれば「CZ高確濃厚」となります。

平和じゃなくなるほど高確滞在に期待出来そうですね。普通に白色の会話セリフなので、注意しておかないと見逃しそうなものばかりです。

状態の転落は無し

この「状態」は、一度高確に上がったらART当選まで転落はしないようです。

高確状態の場合は、低モードでもCZの当選に期待出来そうなので、ART当選まで打ち切り推奨です。

ART中に中段チェリー降臨

先日、「スロットバットマン」を打っていたらART中に中段チェリーが降臨しました。

解析には関係無いですが、そのクレイジーな結果だけお伝えします。

中段チェリーからのCJB

ART中にショートフリーズ3段階目から中段チェリーが「ズドン」と停止。

狙うと、中・右にもBARが停止して揃う。

これは…

クレイジーBARというやつではありませんか。

chuche

演出は次回予告的なアレ。

からの

ボーナス!

上乗セレクトの獲得は0。

「でも流石でこれで終わらないよね…」

クレイジーBARというくらいですから。

やっぱり出てきました。

cjb

クレイジージョーカーバトル

毎ゲーム、上乗セレクト獲得のチャンスという激アツの特化ゾーン。

リプレイでも1/4で上乗セレクト獲得。ベルでも1/2です。

チャンス役なら問答無用で獲得。

更にボーナス図柄やBAR揃いでクレイジージョーカーバトルのゲーム数自体の上乗せもあり。

もう100個くらいストックしちゃうんじゃないのこれ?

なんてアホな事を考えていたら…

1

まさかの1個でした。 

クレイジーだわー

もちろん10Gでしたよ。セレクトは。

終わり。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台