ちょんぼりすた|パチスロ解析

【戦律のストラタス】周期抽選・チャンスゾーン(CZ)の仕組み解析

【スロット・パチスロ】戦律のストラタス・まとめへ3

高砂電器産業の新台スロット戦律のストラタス」。

本機はチャンスゾーン(以下CZ)の突入抽選を32Gの周期で行っています。

以下にその仕組みについてまとめました。

スポンサーリンク

【戦律のストラタス】CZ抽選解析

CZは「TOPモード」「超TOPモード」「クライマックスモード」の3種類。

周期抽選

これらのCZは、通常時に獲得したポイントに応じて突入抽選がされます。

その周期が32G。(稀に持ち越しあり)

小役別のポイント獲得期待度は以下の通り。

ポイント期待度

  • 弱チェリー:中
  • 強チェリー:大
  • スイカ:小
  • 弱チャンス目:小
  • 強チャンス目:大

獲得したポイントによる期待度は左下のキャラで示唆。

CZの突入率と期待度

■TOPモード
突入率:約1/445
期待度:約33%

■超TOPモード
突入率:約1/4,000
期待度:約77%

■クライマックスモード
突入率:約1/650
期待度:約50%

クライマックスモードは成功の一部で『帝特六機モード』への突入抽選も行っているのでチャンス!

CZ中は成立役によって解除抽選。

小役別の期待度は以下の通り。

(超) TOPモード中の小役別期待度

小役 TOP 超TOP
リプレイ
右下がりベル
弱チェリー 確定
強チェリー 確定 確定
スイカ 確定
弱チャンス目 確定
強チャンス目 確定 確定

TOPモード中は、強チェリー、強チャンス目でATorボーナス確定。

超TOPモード中はレア小役が成立した時点でATorボーナス確定。

解析を見る限り厳しそうな台?

解析を見ていると、やはりAT確率が重め(設定1で1/654)なので、通常時は厳しそうだなといった印象。

機会割が130%になる『帝特六機モード』にかなり割を取られていると予測出来ます。

帝特六機モード』への突入ルートは、アラバキバトル20連か上記のCZ「クライマックスモード」の成功の一部。

アラバキバトル20連は厳しそうなので、「クライマックモード」でいかに頑張れるかが『帝特六機モード』突入へのカギとなりそうですね。

導入台数が少なめなので、まだ打てていませんが、早く機会割130%の威力を体感したいです。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台