ちょんぼりすた|パチスロ解析

蒼穹のファフナー シーマスターララ 初打ち感想

スロットファフナー

SANKYOの新台「蒼穹のファフナー」と山佐の新台「シーマスターララ」を初打ちしてきました。

東海地方への導入は、関東や関西に遅れる事1週間。12月22日〜ようやく導入開始でした。

ファフナーは評判通り、ここ最近でもトップクラスのク○台。シーマスターララの方は、もう少し打ち込んでみたいなと思える出来でした。

スポンサーリンク

蒼穹のファフナー 初打ち感想

蒼穹のファフナーの悪い点

・CZ最悪
・通常時の煽りが不気味
・不快なSE音
・押し順ミスで色々と消滅?
・16Gの疑似連
・無駄引きポイント多数
・出来レースのイライラ役物

蒼穹のファフナーの良い点

・歌が良い

CZはかなりダメ

大当たりへのメインとなる「自力チャンスゾーン」。これがとにかく最悪。

乙女覚醒ゾーンではボタンプッシュを集めていき、最終ゲームで集めた分のボタンを押してジャッジ。ここで画面いっぱいの「デカボタン」!

ファフナー・デカプッシュ

画面いっぱいの「デカボタン」それすなわち「モロタ!」

のはずですが…

乙女覚醒ゾーンでは集めたボタンが全てこのサイズのようです。

でかくした意味が分かりませんね。

1個あたりの期待度は約8%。こんなに大きくても8%。この確率ではボタンを押す手に力もいまいち入りません。

やれるかやれないかはヒキによる部分が大きく、個人の体感した展開で感想は違ったものになってくるでしょうが、この「仕様」は打ち手をイライラさせる可能性が高いだけだと思います。

更にもう1つの強い方のCZである「Vバトル」。

なんとこれ自体がART扱い。天井やゾーンもリセットされますが、ちゃんとしたARTに繋がる期待度は40%しかありません。

CZ中は「Vを狙え」カットインが出て、見事にVが揃えばデカデカとゲーム数が表示されARTへ突入!

とはならず、その表示されたゲーム数をかけて役物ジャッジへ…

タイミングよく当たりの所に玉がきても入り口は塞がれているので、気持ち悪い動きを経てハズレへと吸い込まれていきます。

Vバトル

要するに出来レース。

内部で外れていれば、どんなタイミングで玉が来ようが当たり口はシャットダウンされていて無意味。

正直これを考えだした人にどういった意図で作ったのか事情聴取したい気分です。

長いし、毎回連打させられるし、全然楽しくないです。パチンコファフナーぽい役物をやりたかっただけだと思いますが、こんな打ち手をイライラさせるだけの出来なら無い方がマシだと思います。

けたたましいSE音はやはり健在

原作は知りませんが、歌は良い感じ。

なのに、SE音が無駄に大きくそれを台無しにしています。マクロスFの時ほどひどくはありませんが…

SE音と歌の音量のバランスをもう少し考えて欲しい。

また、チャンスゾーンの煽りで「あなたはここにいる」と、女性の声の演出が頻繁に出ますが幽霊の声みたいでちょっと不気味です。

ARTが消滅する?

これは実際に体験した訳ではありませんが、押し順ミスでCZやARTが消滅して通常画面に戻るという情報が相次いでいます。

5号機初期の頃のART機は色ナビをミスって特定役を入賞させてしまうと「ARTが終了」といった台はよくありましたが、ここにきてその仕様はちょっと酷なような…

詳細は分かりませんが、押し順をミスらないようかなり注意して打つ必要がありそうです。

エピソードや準備中などレア小役の無駄ヒキポイントが多いのも打ち手の気持ちを何も分かっていない証拠ですね。

結論:台を作るセンス無さ過ぎ

ヘタすれば稼働が年を超えられないのではないかと思うほどの出来。こういった台を量産されると新台として導入したホールは当然ダメージを受けますし、その新台費用回収の負担は他の台の設定にまで影響してきます。

ようするに打ち手にとっても大きなダメージとなってしまいますね。

シーマスターララ 初打ち感想

シーマスターララの悪い点

・AT駆け抜けが多い
・オレンジが重い
・乗せジョーズ
・10G➡ちょっとマンタ!➡20G

シーマスターララの良い点

・初当たりが軽い
・AT直当たりが多い
・レア役高確と同行が重なると楽しい
・高設定は安定感ありそう

ATは50G駆け抜けが多い

乗せジョーズ

ATの初当たりは設定6で1/146とかなり軽いので、その弊害としてATは50Gで駆け抜ける事が非常に多くなる印象。

まずはレア小役の高確にもっていくか仲間を連れていないとゲーム数はあっという間に無くなってしまいます。

ただ仲間が複数同行した時は、最大でレア小役確率が1/2になるので、その状態までもっていく事が出来れば非常に楽しそう。

隣の台が仲間2匹同行してから、毎ゲームのようにレア小役が落ちるようになり、気が付けば残りATが250Gを超えていました。

不満はAT中の乗せジョーズがまったく仕事をしない事と、上乗せ10Gが画面にデカデカと表示された後に「ちょっとマンタ!」からの+10Gで合計20G。

シーマスターララ・上乗せ

うん、最初から20Gで良いよね!

上乗せゲーム数の書き換えを派手に行うならせめて50G以上確定くらいにしてくれないと…。

しかし、ファフナーに比べればシーマスターの方が幾分楽しめそうなのでもう少し打ち来んでようと思います。

最後に

ちょっと偉そうに色々と書いてしまいましたが、これらはあくまで「初打ち感想」です。全然打ちこんでいない状態での感想なので、まだ見えていない部分も多いと思います。

仮にファフナーで万枚でも出てしまえば、次の日には、「SANKYOはマジ神」とか言っている可能性がある事をご了承下さい。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台