ちょんぼりすた|パチスロ解析

蒼穹のファフナー 設定判別要素・設定差のまとめ

スロットファフナー・設定

SANKYOの新台スロット「蒼穹のファフナー」。

早くも様々な設定差が判明しています。

  • 小役確率
  • ART中のハズレ
  • 蒼穹ボーナス突入時の絵柄
  • ボーナス終了画面
  • CZ当選率
  • ART初当たり

中でもART中のハズレ確率に非常に大きな設定差があるので注目。

蒼穹のファフナー 設定判別

小役確率

設定 弱チェリー 弱スイカ 共通ベル 3役合算
1 1/82 1/103 1/160 1/35.5
6 1/70 1/90 1/120 1/29.6

ART中のハズレ出現率

設定1:約1/8000
設定6:約1/2000

蒼穹ボーナス突入時の絵柄

「77V」:奇数示唆
「VV7」:偶数示唆

※高設定は均等!?

ボーナス終了画面

  • 一騎&真矢:基本画面
  • 一騎&総士:奇数設定優遇
  • 乙姫:偶数設定優遇
  • 一騎&真矢&総士:高設定優遇
  • 一騎&総士(私服ver):高設定優遇

※1/7追記:終了画面の選択率が判明

蒼穹ボーナス解析・終了画面振り分け等

CZ当選率

■乙姫覚醒ゾーン
設定1:1/141

設定6:1/114

■Vバトル
設定1:1/710

設定6:1/493

ART初当たり

設定1:1/258

設定6:1/194

設定判別の補足説明

蒼穹のファフナー・小役で設定判別

まだ、詳細な差については明らかになっていませんが、「弱チェリー」「弱スイカ」「共通ベル」「ART中のハズレ」の確率にはそれぞれ設定差が存在。

特にART中のハズレは分母が大きいながらも設定1と設定6では約4倍の差があるので、注目しておきましょう。

リールフラッシュ発生時はチャンス目なので、リールフラッシュを伴わないハズレ目が対象です。

ボーナスにも注目

ART中にのみ突入する疑似ボーナスにも設定判別要素があります。

実践上、ボーナス突入時に揃う図柄が奇数設定ほど「77V」、偶数設定ほど「VV7」が出現しやすくなっています。

ただし、サンプルも多くは取りづらいですし、設定6は均等なので、そこまで意識しなくても良さそう。どちらかに一方的に偏るようなら参考程度に。

ボーナス終了画面

最近の機種にはおなじみの設定示唆パターンですね。

ファフナー・乙姫

ファフナー・キャラ

各キャラの名前が分からなかったので調べてみました。

参考にして下さい。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台