ちょんぼりすた|パチスロ解析

【蒼天の拳2】ゲーム数解除ゾーンでのガセ前兆発生率

【スロット・パチスロ】蒼天の拳2・フェイク前兆2画像

sammyの新台「蒼天の拳2」

ゲーム数解除の濃いゾーンでのガセ前兆発生率(中央カウンター作動)の解析が判明。

特定のゾーンのガセ前兆発生で、モード推測や設定推測の材料にもなります。ぜひ頭に入れておいて下さい。

スポンサーリンク

【蒼天の拳2】ガセ前兆の発生率

モード別・ガセ前兆発生率

G数 モードA モードB モードC
26〜50 1.3% 3.2% 24.4%
76〜100 90.4% 90.3% 92.1%
201〜225 3.0% 93.1%
401〜425 3.0% 93.0% 93.9%
601〜625 93.0% 94.1% 95.8%

モードによってガセ前兆の発生するか否かが管理されており、特定のゾーンでは、ガセ前兆発生率に歴然の差が存在します。

特に注目すべきは『26〜50G』と『201〜225G』のゾーン。

ここで中央カウンターが作動してガセ前兆が発生した場合は、モードCが濃厚となります。

モードCとは?

狙う価値があるのか?

各モードによるゲーム数解除の分布を見てみます。

モード別・解除ゲーム数の振分

ゲーム数 モードA モードB モードC
26〜 1.3% 2.0% 4.0%
76〜 3.8% 6.0% 12%
201〜 0.1% 0.1% 25%
401〜 0.1% 25% 25%
601〜 25% 25% 25%
777 67% 39% 6.7%
平均 684G 570G 370G

このようになっています。

モードAでは600G以下の解除はほぼ絶望的な数値ですが、モードCでは天井の振分が6.7%と圧倒的に低く、早めの解除に期待が持てます。

「蒼天の拳2」は自力解除が強めな台なので、ゲーム数解除にも期待出来るというのは、打つうえでかなりのアドバンテージとなりますね。

モードCに滞在しているのが濃厚な台はAT当選まで打ち切った方が良いと思います。

また、モードの移行率には設定差も存在します。

AT終了後のモード移行率

設定 モードA モードB モードC
1 75% 15% 10%
6 50% 26% 24%

モードCの滞在比率は高設定ほど高くなります。

ガセ前兆の発生ゲーム数からモード推測をして、設定推測にもいかせますね。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台