ちょんぼりすた|パチスロ解析

アラジンA2 中古台相場が大暴落でホールの設定状況は厳しめ

アラジンA2

サミーから先週導入されたばかりの「アラジンA2」の中古台価格がかなり暴落しているから設定には期待出来なさそうだよという話。

スポンサーリンク

アラジンA2 中古台相場

40万オーバーから始まり、導入から急降下。

平均価格は18万となっていますが、10万以下での成約も出ている。

アラジンA2の中古台

参考:中古台相場-アラジンA2

中古台の相場と設定状況は少なからずリンクする?

始めから供給台数が多過ぎたという面もありますが、この暴落ぷりはなかなかです。現在3万円を切っているサラリーマン金太郎並の勢い。

ホールの店長や経営者といった人たちはこういった話に敏感です。

仮に、「自分が設定をいれる立場の人間だったら」という気持ちで考えてみてください。

酷評が目立ち、今後長い稼働を見込めなさそうな台に設定を入れるでしょうか?

否!

自分ならベタピン運用で、稼働が無くなる前に少しでも導入費用を回収しようとします。

現に、自分の近隣のホールでの扱いはひどいものです。ほとんどの台が右肩下がりのグラフを描き、低設定丸だしです。

という事で、大きなお世話かもしれませんが、アラジンA2を設定狙いで立ち回る場合は、あまり期待しない方が良いかもしれません。

とは言っても…

今後、アラジンA2を打つにしたがい、「あれ、これ実は打つほどに味が出てくるスルメ台じゃね?」となる可能性もゼロではありません。

限りなく0ですが

「単チェリーに昇格する瞬間がたまらねえんだ!」という人は打ち続けるかもしれません。

あまりいないと思いますが

また、ホールにも様々な考え方の人がいるので、長いこと大事に使おうとベースを高めにしたり、高設定の割が高いので、見世台として使う可能性もあるとは思います。

限りなく薄いですが

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台