ちょんぼりすた|パチスロ解析

【カウボーイビバップ】設定判別は4つの要素に注目

【スロット・パチスロ】カウボーイビバップ・設定判別・まとめへ

オリンピアの新台スロット「カウボーイビバップ」。

今回は設定判別に重要な要素をまとめた記事です。

注目は「東風モード出現率」「共通ベル出現率」「初当たり出現率」「引き戻し当選率」となります。

※11月28日、引き戻し当選率の項目を追加

スポンサーリンク

カウボーイビバップ・設定判別

設定判別1・東風モード出現率

設定1 1/291
設定2 1/284
設定3 1/264
設定4 1/244
設定5 1/244
設定6 1/209

コンボチャンスから突入する可能性のある自力チャンスゾーン「東風モード」。
こちらの出現率に段階的に設定差が設けられています。設定4と設定5がほぼ同じ数値という珍しい仕様ですが、気にする必要は無いでしょう。

設定1と設定6とでみた場合には、1.5倍近い差があります。
出現率1/240以上なら粘る価値あり!?

設定判別2・共通ベル出現率

設定1 1/139
設定2 1/133
設定3 1/127
設定4 1/117
設定5 1/109
設定6 1/101

8枚の払い出しがある「共通ベル」に設定差が存在。
高設定ほど出現しやすくなっています。

通常時、AT中問わずカウント可能。

設定判別3・AT初当たり出現率

設定1 1/344
設定2 1/327
設定3 1/312
設定4 1/262
設定5 1/232
設定6 1/200

ATの初当たりも当然、高設定のほうが優遇されています。

引き戻し当選率

■0〜5pt
設定1〜4:0.2%
設定5:3.1%
設定6:3.9%

■6〜10pt
設定1〜4:0.8%
設定5:5.0%
設定6:4.7%

■AT引き戻し確定
1・0・1
1・2・3
6・2・6
7・7・7
8・1・4

■CZ含む引き戻し確定
7・5・9
5・6・5
7・1・1
0・0・1

左からジェット・フェイ・エド

AT終了時の仲間ポイントに応じて引き戻し抽選を行う。引き戻しは高設定ほど優遇されています。中でも注目すべきは10pt以下の場合。

設定差がかなり大きく、設定5,6のみ突出しています。

ただし特定の数字の組み合わせは特殊パターンとなり、特殊抽選が行われているのでサンプルから除外。

高設定は美味しい?

以上の3項目が、現時点で判明している「カウボーイビバップ」の設定判別要素となります。

どれも単体で見るには心元無い数値なので、ホールの状況も加味して総合的に判断するべきでしょう。

設定5で110%、設定6で115%と機会割が高めの台なので、ぜひ高設定を掴みたい所。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台