ちょんぼりすた|パチスロ解析

サイレントメビウス|天井・ゾーン・設定判別などの解析攻略

      2016/05/31 コメントはまだありません

サイレントメビウス

岡崎産業の新台スロットは、少し古めのアニメとタイアップした「サイレントメビウス」。

レア小役によるボーナスとARTの当選をメインとした、分かりやすくて遊びやすい仕様になっています。

スポンサーリンク

天井・ゾーン

項目 ゲーム数
天井狙い 620G〜
天井狙い時の
最大投資額
約9,000円
ゾーン狙い 調査中
やめ時 約40G

天井性能

天井ゲーム数:ボーナスorART間900G

恩恵:ART確定

天井・ゾーン考察

サイレントメビウスの天井は、ボーナス&ART間。恩恵は「ART確定」のみである可能性が高い。

ボーナスとARTの合算が設定1でも1/127と非常に高いので、天井に到達するのはマレ。0Gから打ち始めたとしたら約0.08%という確率。

なので、天井を狙っていくというよりは、天井を保険に初当たりを稼ぎにいくイメージで。

やめ時に関しては、ボーナス後は高確移行率が優遇(REGは高確濃厚)されているので、演出などで判断。目安としては40Gあたり。

また、ART後は潜伏の可能性があるので、こちらも40Gあたりを目安に様子見推奨。

朝イチ設定変更

項目 設定変更 電源ON・OFF
天井 リセット 引き継ぐ
内部モード 再抽選 引き継ぐ
ステージ 引き継ぐ 引き継ぐ

状態移行率

設定 通常 高確
設定1〜3 70% 30%
設定4〜6 60% 40%

目次へ

設定判別

小役確率

設定 共通ベル ハズレ
1 1/436 1/16.99
2 1/409 1/16.21
3 1/385 1/16.08
4 1/364 1/15.98
5 1/344 1/15.86
6 1/327 1/15.72

ボーナス同時当選率

設定 弱チェリー スイカ
1 3.4% 5.6%
2 3.5% 5.8%
3 4.0% 6.3%
4 4.8% 6.8%
5 5.2% 7.2%
6 5.5% 7.4%

ART当選率

通常滞在時

設定 強チェリー 強チャンス目
1 8.0% 12.5%
2 8.5% 13.0%
3 9.0% 13.5%
4 9.5% 14.0%
5 10.0% 14.5%
6 10.5% 15.0%

高確滞在時

設定 弱チェリー 強チェリー スイカ
1 4.4% 34.0% 9.5%
2 4.8% 39.5% 10.0%
3 4.6% 36.7% 9.5%
4 5.0% 42.2% 10.0%
5 4.8% 39.5% 9.5%
6 5.2% 45.0% 10.0%
設定 弱チャンス目 強チャンス目
1 15.0% 50.0%
2 17.0% 58.0%
3 16.0% 54.0%
4 18.0% 62.0%
5 17.0% 58.0%
6 19.0% 66.0%

ボーナス別ART当選率

通常滞在時

設定 赤BIG 青BIG 赤REG 青REG
1 16.0% 8.5% 7.0% 1.0%
2 18.0% 10.5% 8.0%
3 17.0% 9.5% 7.5%
4 19.0% 11.5% 8.5%
5 18.0% 10.5% 8.0%
6 20.0% 12.5% 9.0%

高確滞在時

設定 赤BIG 青BIG 赤REG 青REG
1 30.0% 15.0% 10.0% 8.3%
2 40.0% 20.0% 14.0% 8.3%
3 35.0% 17.5% 12.0% 10.0%
4 45.0% 22.5% 16.0% 10.0%
5 40.0% 20.0% 14.0% 10.0%
6 50.0% 25.0% 18.0% 10.0%

目次へ

ゲームフロー

通常時

サイレントメビウス・スロット

レア小役でボーナス&ART抽選。押し順当ての自力ART突入ゾーン有り。

滞在ステージによって高確や前兆を示唆。

ステージ 期待度
東京上空
司令室
プール
スパイラス入口 高確示唆
スパイラス深部 前兆示唆

ボーナス

BIGカットイン

ボーナス中にBAR揃いでART確定。ボーナスの種類でARTの期待度とセット数の期待度が異なる。

ボーナス ART
期待度
セット数
期待度
赤7 ★★★ ★★★
青7 ★★ ★★
赤頭BAR ★★ ★★★
青頭BAR ★★★★★

ART「メビウスタイム」

ART

  • 1セット50Gの純増1.3枚
  • セット数上乗せ型
  • セット数上乗せ時は最大10セットまで可能性有り
  • LAST5Gの対決に勝利すればART継続orボーナス

目次へ

スペック

基本スペック

設定 ボーナス
合算
ART ボーナス
+ART
機械割
設定1 1/255 1/251 1/127 96.5%
設定2 1/251 1/242 1/123 97.6%
設定3 1/243 1/227 1/117 100.0%
設定4 1/232 1/218 1/112 103.3%
設定5 1/224 1/210 1/108 105.6%
設定6 1/222 1/196 1/104 109.2%
  • メーカー:岡崎産業
  • 50枚あたりのゲーム数:31.0G

導入日

導入日:2015年4月13日

導入台数:約1,000台

目次へ

解説や所感

遊びやすさを重視したスペック

通常時は、レア小役によるボーナスとARTの当選を待ち、ボーナス中はBAR図柄揃いでARTに突入という非常にシンプルなゲーム性。

ARTは50G1セットで、純増は1ゲームあたり約1.3枚と非常に低いですが、その変わりにART突入率やセット数上乗せが強く、1回の抽選でARTは最大10セットまで獲得可能。

ボーナスとARTを合算すると設定1でも1/127という軽さ。

しかし、機械割の部分に目をやると、設定1で96.5%と割と厳しめなので、遊べるけど気が付けばいっぱい負けていたという状態にならないよう注意が必要です…。

また、設定判別要素など新たな解析が判明次第お伝えします。

目次へ

公式サイトや関連リンク

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台