ちょんぼりすた|パチスロ解析

真モグモグ風林火山2 設定判別に使える要素のまとめ

モグモグ風林火山

真モグモグ風林火山2の設定判別・設定差のある要素について紹介します。

  • 復活演出の割合
  • AT初当たり
  • CZ当選率(追記)

現状で判明しているのは以上の2点。

スポンサーリンク

真モグモグ風林火山2 設定判別

設定判別要素1、復活演出の割合

設定 残りHP5〜3 残りHP2〜1
1 1.5% 4.7%
2 1.9% 5.4%
3 2.3% 6.2%
4 2.7% 7.0%
5 3.1% 7.8%
6 4.7% 9.4%

設定判別要素2、ATの初当たり

設定 初当たり
1 1/266
2 1/256
3 1/247
4 1/231
5 1/207
6 1/186

設定判別要素3、CZ当選率

通常時のCZ突入率

設定 荒修行 提督来襲
1 1/89 1/613
2 1/85 1/571
3 1/84 1/557
4 1/80 1/493
5 1/74 1/434
6 1/65 1/362

AT中のCZ突入率

設定 電光石火 忍アタック
1 1/102 1/640
2 1/102 1/637
3 1/102 1/636
4 1/101 1/621
5 1/101 1/615
6 1/89 1/589

合戦敗北時の復活演出割合に設定差あり

復活演出

真モグモグ風林火山2のAT突入のメインルートである「モグラ叩き合戦」。

この合戦に敗北した際に復活演出が選ばれる事がり、その割合に設定差が存在します。

注意すべきは敵武将のHP。残りHPが5〜3と2〜1で復活に当選する割合に差があるので、別々にサンプルを取る必要がある。とは言っても、1度確認が出来ればラッキー程度の出現率なので、AT初当たり確率と会わせて総合的に判断したい所。

また、他にも「CZ突入率」「天井周期振り分け」「提督襲来勝利抽選」にも設定差が存在するようですが、詳細な解析については、まだ判明していません。

真モグモグ風林火山2は設定狙い向きの台?

前の記事でお伝えした通り、真モグモグ風林火山2は最近の台にしては珍しいほど「ハイエナ要素が少ない台」です。

設定6の機会割が115%ほどあるので、大目の台数を導入してやる気のあるホールやイベント日には設定狙いで立ち回ってみるのも有りですね。

(このまま稼働が落ちていくようであれば、ベタピンで機械台を回収して終わりというホールも多いでしょうが…。)

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台