ちょんぼりすた|パチスロ解析

【ぱちスロ必殺仕事人】時間効率大幅アップ!?逆押し手順実施で裏家業フリーズをカット

shigotonin_obi

京楽より7月22日に導入された「ぱちスロ必殺仕事人」。

評判を聞くとどうやら無駄なリール遊びが多過ぎて、それがうざく感じるとの事^^;
乱舞玉1個や2個でリールが逆回転したりリズムに合わせて動いたりと、最初は良いけど何度も見ているうちに飽きがきて「もう良いから!」となるようですね。

実はこの演出(裏家業フリーズ)はカットする事が可能です。

ART中のショートフリーズ(裏家業フリーズ)はレア役リプレイが成立した際に発生します。しかし、逆押しする事でレア役リプレイが出現しなくなり、このショートフリーズをカットする事が出来ます。

ショートフリーズは発生しなくなりますが、上乗せ抽選は行われているので心配は無用です。当選していた場合は、そのセットの終了時の後乗せ演出で告知されます。

以下にその逆押し手順を紹介しますので、興味のある方は実践してみて下さい。

【ぱちスロ必殺仕事人】逆押し手順

ART中の逆押し

shigoto
右リールの枠上付近に16番の【X図柄】を狙う。

shigoto

上段に16番【X図柄】停止
・中段チェリー

中段に16番【X図柄】停止
・共通ベル
・スイカ
・チャンス目B・C
※中・右リールに青い出陣図柄を目安にスイカ狙い。スイカハズレでチャンスめB・C

下段に16番【X図柄】停止
・強チェリー

枠下に16番【X図柄】停止
・弱チェ

下段に18番【X図柄】停止
・リプレイ・チャンス目A
※適当打ち。リプレイハズレでチャンス目A

逆押しで【X・スイカ・X】を早めに狙います。下のX図柄が上段に停止で悶絶の中段チェリー確定目。【X・スイカ・X】が停止すれば強チェリー確定。

1コマ滑って中段停止時はスイカ&ベルハズレで強い方のチャンス目であるBかCとなります。

出目法則も難しくなく、時間効率も格段に良くなるので、「乱舞玉の上乗せが後告知になる」という点が気にならない方には逆押しがオススメです。

※通常時はペナルティの可能性があるので、ボーナスorART中のみの使用しましょう。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台