ちょんぼりすた|パチスロ解析

サラリーマン番長|絶頂ラッシュ確率に設定差

      2016/08/02 コメントはまだありません

【スロット・パチスロ】番長・まとめへ

大都技研の新台スロット「サラリーマン番長」。

サラリーマン番長における出玉の肝と言っても過言ではない、絶頂ラッシュの確率と超番長ボーナスの確率が判明しました。

特に絶頂ラッシュの方はかなりの設定差が存在します。

※【11月29日追記】AT中のBBからの当選率を追加

※2014年12月1日追記

この記事の項目を含め、設定判別に関する要素は以下の記事で解説しています。

モード移行率完全解明・設定判別のまとめ

スポンサーリンク

【サラリーマン番長】絶頂ラッシュ確率

絶頂ラッシュへの突入率

設定1:1/5044
設定2:1/6483
設定3:1/3667
設定4:1/5868
設定5:1/2325
設定6:1/5456

AT中のBBからの当選率

設定1:3%
設定2:2%
設定3:4%
設定4:2%
設定5:6%
設定6:2%

番長シリーズの伝統ですね。

絶頂ラッシュへの突入率は奇数設定優遇、中でも設定5が一番突入しやすくなっています。

絶頂ラッシュの恩恵

  • 10G+α継続
  • 5G以上の上乗せが毎ゲーム発生
  • 10G消化後も2択ベルの押し順不正解まで続く

突入で最低50G以上の上乗せ確定。3桁上乗せは当たり前。300G以上の上乗せも現実的な「サラリーマン番長」における最強の特化ゾーン。

ただ、2桁報告もチラホラ見るので過信は禁物…

おじファイブというジャンバリ内の番組で沖ヒカルさんが「絶頂ラッシュで60G」という悲惨な場面には、他人事ながらつい笑ってしまいました。

絶頂ラッシュの突入契機

  • AT中のボーナス当選の一部
  • AT中ボーナス昇格抽選

主な絶頂ラッシュへの突入ルートは上記の2パターン。

「ボーナス昇格抽選」は、通常時は赤7➡青7➡超番長。AT中は赤7➡青7➡絶頂ラッシュ。となっています。

もう1つの「AT中のボーナス当選の一部」。

こちらは、AT中のボーナス告知からBETでそのまま「絶頂ラッシュ」へ突入。というパターンを何度か確認しています。

一度の当選ではなんとも言えませんが、複数回の当選が確認出来れば奇数設定である可能性が高まります。

絶頂ラッシュの継続抽選

2択失敗時の5%で復活

絶頂ラッシュは10Gを消化後に2択をハズすと終了となりますが、BETで復活継続する可能性有り。その確率は5%とかなり厳しい数字ですが、再度絶頂ラッシュを消化出来るので、上乗せ大量獲得の大チャンスですね。

【サラリーマン番長】超番長ボーナス確率

超番長ボーナス突入率

設定1:1/22442
設定2:1/21594
設定3:1/21420
設定4:1/20187
設定5:1/19649
設定6:1/18507

こちらは設定に素直に、高設定になるほど出現率が優遇されています。

超番長ボーナスの恩恵と契機

参考記事:フリーズ確率・超番長ボーナスの契機と恩恵

当選契機を見ると、「最強ベル」「強弁当」「BIG100の1/3」は全設定共通です。

となると、設定差が出そうな部分は、「BIG昇格抽選」

高設定は昇格しやすい?

上記の絶頂ラッシュの確率と超番長ボーナスの設定差を見ると、設定毎に差が付けられている部分で怪しいのは「昇格抽選のポイント」。

ポイントの獲得率や獲得ポイントに応じた昇格率に設定差が付けられている可能性は十分考えられると思います。

「だから何だ?」と言われればそれまでですが…

昇格からの青7なんかにも注目してみても面白いかもしれませんね。また何か分かれば記事にします!

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台