ちょんぼりすた|パチスロ解析

押忍!サラリーマン番長|リセット時はゾーン狙いが有効?

      2016/08/02 コメントはまだありません

【スロット・パチスロ】番長_8・まとめへ

大都技研の新台「押忍!サラリーマン番長」。

ホールでも絶賛稼働中ですね。

大量の実践データーから見た朝イチリセット時の挙動とは…?

【押忍!サラリーマン番長】リセット時のゾーン分布

リセット時のゾーン振り分け(実践値)

【スロット・パチスロ】番長・ゾーン

※新台初日・1回目の初当たりボーナスのみを集計

引用元:サラリーマン番長 朝一リセット後の挙動・恩恵・ゾーン実践値

リセットがほぼ確定となる、新台初日時のみのデータなのでサンプル数は少なめですが、百の位が偶数のゾーンが明らかに強い事が分かります。

通常時の振り分けを見てみると…

通常時のゾーン振り分け(実践値)

【スロット・パチスロ】サラリーマン番長・ゾーン振り分け

こちらも百の位が偶数のゾーンが強めです。

ですが、朝イチに比べると少し弱めになっていますね。

サラリーマン番長のリセット台は狙い目?

この表を見てまず思い出すのが「蒼天の拳2」のリセット時のゲーム数振り分け。

蒼天もリセット時は朝イチのゾーン振り分けが強くなっていました。

「鉄拳3rd」なんかを見ても分かるように、最近の台は朝イチの特典を強める傾向にあるので、「サラリーマン番長」の朝イチのゾーンが強めに設定されていてもなんら不思議ではありませんね。

リセット濃厚な場面で百の位が偶数のゾーンの台が空いていたら狙い目と言えるでしょう。

サラリーマン番長のリセット時の挙動は?

前兆に関しては、宵越しでも、液晶のゲーム数よりも実際のゲーム数を参照して前兆が始まるタイプだと思います。

リセットは比較的見抜きやすいです。

まずリセット時の挙動としては、朝イチは10G以内に高確示唆である「雫ステージ」にいく事が多いです。高設定ほど、高確スタートが優遇されている可能性もありますね。更に96G以内に研修に2回ほど行けばほぼリセット確実だと思って良いです。(レア小役による前兆を除く)

研修が1回でも前日のゲーム数が分かる状況なら見抜きやすいですね。レア小役を引いていない状況では、ゾーン以外でガセ前兆がほとんど出ない台なので。

今作も前兆が32Gを超えると確定?

前兆の話をしていて思い出したのですが、番長といえば前兆ゲーム数でアツくなれる台。

特に1消灯との絡みですね。

これが「サラリーマン番長」にも継承されているようで嬉しく感じます。

番長では

前兆の法則

  • 1消灯小役ハズレ=前兆濃厚(ガセ含む)
  • 1消灯は前兆開始のゲームで出易い
  • 前兆が32Gを超えると本前兆確定

このような法則がありました。

ようするに長めの前兆は激アツ。

1消灯から数えて28ゲームを超えて対決にいかなければほぼ確定など、密かに楽しる要素が増えます。

導入前はちょっと不安だった「サラリーマン番長」も、前作の良い所を引き継ぎながらも新しい中毒要素(主に鏡)を取り入れた良い台に仕上がっていて嬉しいです。

さぁ、今日も「カカカカモーン」を聞きにいこうかな。

現在の「サラリーマン番長」収支はドマイナスですが(汗)

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台