ちょんぼりすた|パチスロ解析

HEY!鏡 初打ち感想|純増5枚はイケイケだがシステムに致命的な欠陥も…

    6件のコメント

スロット鏡 初打ち感想

昨日導入されたばかりの大都技研の新台スロット「HEY!鏡」を初打ちしてきました!

  • 業界初の6号機
  • 純増5枚
  • 天井・ゾーン等が復活

と注目ポイントが非常に多く、期待に胸ふくらませての実践です。

HEY!鏡の初打ち感想

通常時は有り

次回予告

通常時はベースが50枚あたり約49Gと非常に高いです。

ベースが高ければ相対的に当たりは重くなり通常時を消化する時間が長くなります。
この長くなる通常時を退屈させない為に「HEYを貯める」というゲーム性があるのですが、これは番長3のベルカウンタ同様、貯める楽しさと、モードやゾーンを推測する楽しさがありGOOD。

もちろんベースが低く早く当たった方が面白いに決まっているのですが、そうすると高純増ATでは検定には通らなくなりますからね。

限られた条件の中ではよく作った方かなという印象。

KC中はイケイケ

AT中の演出

慶志郎チャンス(KC)中は鏡の歌と純増5枚の高スピードでかなりイケイケ感有り!

大都技研のオリジナル楽曲は相変わらず鉄板ですね!

歌詞も良いですね!
「どうだい?食べるかい?ボクのボクのボクのきな粉もち〜♪」て意味分からないし(笑)

帰りはずっと頭の中でこの曲がループしていました。

ただし、ご存知の方も多いかと思いますがKC後の32GのCZではナビが出ずメダルが減るのでCZの後半で当たった場合はクレジットが全て無くなるケースも。
ベルナビ10とCZを行き来していると純増5枚とは言えなかなか増えないですね。

自身の連チャンや回りを見ているとざっくり計算で時速2000枚いくかどうかでしょうか。

ベルナビ100を取れたら一瞬で800枚ほど出るので展開次第な所もあります。

最大の欠陥は天井時のKC

6号機の規定で…

  • 有利区間は1500G
  • 最大は2400枚

と定められているのでKCが連チャンするとエンディングに突入し強制終了となります。

強制終了については最初から覚悟していたので良いのですが、問題は天井到達時。

本機は通常時が有利区間となっているので天井(999G)到達時は有利区間の残りが500Gほどしかありません。この500GでKCやCZを行き来すると結局1000枚程度でエンディングを迎えてしまいます…。

ハイエナは事前知識有りで打っているはずなので正直どうでも良いのですが、イチから追って天井に到達して巻き返しを狙う一般プレイヤーの心情を考えると、これは許容できないのでは…。

絶頂対決に入ろうがベルナビ100取ろうが1500Gに到達した時点で強制終了ですからね。

モードでかわす

全然モードでかわせて無い…!

導入前はエンディング到達時はモードによって引き戻しが優遇されていたりで次に繋がるのかなと想像したりもしていたのですが、実践結果を見る限りではその可能性も無い気がします。

演出面など

その他、演出面の話。

KCの選択は鏡が良い?

操AT

KCはおなじみの完全告知・チャンス告知・後告知の3種類。それぞれ消化してみた感じではやはり完全告知の鏡KCが一番面白いと感じました。

ちなみに、KCの演出は突入時のボタンで変えれるのですがこれが意外と分かりづらく、回りでKC中の演出を変えている人が自分以外にいませんでした。

豪遊閣を取れるかが重要

豪遊閣

CZ中は強チェリーやチャンス目を引くとかなり高い頻度で次回もKC突入が確定となる豪遊閣アイコンがついてきたので連チャンにはレア小役のヒキが欠かせません。
番竜門ではレア小役などが絡まないとあっさり駆け抜けます。

15日で頂対決が確定?

15日目

15日目でKC突入時に頂対決確定となっていたのでここが頂対決の天井でしょうか。

頂対決

ちなみに、ここまで頑張ってようやく入ったのにも関わらず頂対決は1勝(保証分)で終了…!

KC終了→RT状態転落までの間に引き戻しあり?

AT引き戻し

CZ終了後1G目にチャンス目で「COME ON」が発生しKCを引き戻しました。

KC直撃時の挙動

KC直撃

KC直撃は3回有り。

1回目はレア小役無し250HEYほどで突然1消灯から前兆開始。いかにもな挙動だったので期待していたのですが案の定直撃でした。

ここで1枚役で抽選するサラ番タイプなのかなと思いましたが、2回目はHEYのゾーンから前兆が始まり直撃、3回目はレア小役からの前兆と思しき場面でKC直撃といった挙動で少し分からなくなりました。
初当たり後にボーナス or KCを振り分けるタイプでしょうか。

直撃のうち1回は前兆が32Gを超えるパターンだったのでそこあたりの熱さは継承されている可能性大!

実践結果

実践は2000円投資の出玉2500枚の快勝でした!

新台は18時開放だったので競争率が低いホールを選び気合を入れて1番に並びクジを引いたのですがまさかのハズレ。パチンコの新台打ったり遠巻きに偵察したりで、ようやく座れたのが20時前。取り切れないのを覚悟で閉店間際まで粘りましたが回転数はあまり回せませんでした。

高設定だった?

設定推測では良さげな感じで高設定を匂わせる挙動。

AT終了画面

終了画面は2/5で高設定示唆の薫&マチ子。

そして何より高設定だと思わせるのが「初当たり4回中3回がKC直撃」だったという点。

まだ、直撃当選率は判明していませんが、過去の番長シリーズの例から見るとここの設定差はかなり大きそうですよね。

CZ終了後のBET引き戻し特訓は2/5。そのうち1回が成功でKCを引き戻しました。この引き戻しKCは直撃から除外してあります。

ちなみに前任者は600ハマりでボナからKC無し、400ハマりでボナからKC無し、200Gほどでボナ?からKCで3連の少ない出玉で終了。クレジット落として即ヤメでした。

一撃が抑えれれている分、設定に素直とは言え短時間で見切るのは危険かもしれませんね。

解析が出ていない現状では自分の台が高設定かどうかも分かりませんが。

まとめ

withチャッピー

個人的には設定狙いができる環境ならまた打ちたいです。
最低でも絶頂対決を引くまでは頑張りたいと思います。

今後ヒットするかどうかについては、正直コケる可能性の方が若干高いのかなという印象。
やはり「リミット」の印象が悪すぎますし天井からの夢が無いのでホールが低設定しか使わなければすぐに客が飛ぶと思います。

ただ、6号機の未来については少し光が見えました。

現状、詳細が判明している台では「チェインクロニクル」がスラッシュATのように通常時のベースに細工をして低ベース高純増を実現していますし、「戦コレ![泰平女君]徳川家康」は出玉の減少区間無しの増え続ける純増3.5枚のATとなっています。

今後、これらの台で試行錯誤していく中でユーザーが求めるヒット機種が生まれてくるのではないでしょうか。

HEY!鏡の解析や情報については全て以下のページに随時更新でまとめてあるので参考にして下さい。

HEY!鏡 スロット新台|天井 ゾーン 設定判別 フリーズ 解析 評価 動画

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

投稿されたコメント(6件)

  1. Oっ says:

    有利区間…5.9も打ったことないのでいまだによくわかってませんがひどい仕打ちだという事はわかりました。
    そっかぁ…2500枚出るならいいと思ってましたが、その可能性は1%もないかもしれないですね。

    私の近所のホール(5~6店舗)ではどこもまず設定はいれてないなってグラフなのでこれでは発展しないですね
    (ホール店長の頭脳に期待してたんですけどね・・・やっぱ変わんないや)

    これからの新台はこの有利区間をどうこう出来るんでしょうか・・・
    有利区間が無くならない限り・・・よっぽどじゃないと打つことはないでしょう。

    • 管理人 says:

      Oっさん、お久しぶりです!
      有利区間というシステムはほんと最悪ですね。
      どんなに演出やシステム面で頑張っても有利区間1つが全てをダメにしてしまうくらいの破壊力を持ってますよね。
      鏡はそんな中でも頑張った方だと思いますが、ノリノリな展開でも頭の片隅に「有利区間」のリミットがチラつくのは間違いないです。
      まだ6号機も始まったばかりなのでどうこう出来ると期待しておきます。

  2. ペル says:

    1日打ってデータ取ってみました。
    誰かしらの参考になってもらえれば…

    *総ゲーム数:9728ゲーム
    *差枚数  :3007枚
    〇ボーナス関連
    ・JB当選回数 :18回
    ・初当たりAT :4回
    ・BET特訓  :5回(内引き戻し2回)
    ・エンディング:キャサリン1回
    ・終了画面  :①7回②10回③3回④2回
    〇小役(確率)
    ・強チェリー:026回(1/374.1)
    ・弱チェリー:090回(1/108.1)
    ・弁当   :115回(1/084.6)
    ・チャンス目:056回(1/173.7)
    〇ベルナビ回数(割合)
    ・010:24回(53.3%)
    ・020:11回(24.4%)
    ・030:03回(06.6%)
    ・050:04回(08.9%)
    ・100:03回(06.6%)
    〇DZ関連
    ・バス(JB後滞在比率12/18=66.6%)
      突破 02回(突破率:16.6%)
      転落 10回
    ・番竜門(JB後滞在比率3/18=16.6%)(KC後滞在比率26/48=54.1%)
      突破 16回(突破率:61.5%)
      転落 10回
    ・金剛苑(JB後滞在比率2/18=11.1%)(KC後滞在比率11/48=22.9%)
      突破 08回(突破率:72.7%)
      転落 03回
    ・豪遊郭(JB後滞在比率1/18=05.5%)(KC後滞在比率06/48=12.5%)
      突入 06回
    ・頂対決              (KC後滞在比率05/48=10.4%)
      突入 5回(継続率60%)
       内単発 3回
       内2連 1回
       内3連 1回

    周りの挙動も見ていたのですが、台毎に相当特徴的な動き方をしていましたので解析さえ出れば設定判別は容易になる気がします。
    具体的には
    ・JB後何も引かずに番竜門以上に移行し、KC後も金剛苑以上に行きやすい。
     が、短いベルナビ回数が選択されやすい
    ・JB後何引いてもバスに移行しやすく、KC後も番竜門比率が非常に高い。
     が、長いベルナビ回数が選択されやすい
    この辺りに特に差が出ていたように思います。

    個人的にはエナ要素あり、設定判別が容易…って時点で今後お世話になる比率が高い予感がしています。

    • 管理人 says:

      ペルさん、お疲れ様です。
      詳細なデータありがとうございます!
      (管理人なんだから自分もこれくらいきっちりデータ取ればよかったなと反省…笑)
      直撃も多く高設定ぽい感じですね。
      偶数設定はベルナビ冷遇で連チャン重視、奇数設定はベルナビ優遇で連チャンしづらい仕様かもしれませんね。
      参考にさせて頂きます(^o^)

      • ペル says:

        なんか5.9号機をそこそこ打ってる身としては、ここまでAT中に露骨な設定差あると凄い違和感を感じるようになってしまいました。
        あ、ちなみに多分予想設定は3の引き強だと思います。

        ただ設定毎に特徴ある挙動にし過ぎたせいで、全面的に批判されてるような気がします…
        当たりが重い設定を打った人は当たりが重いって文句言うだろうし、ベルナビ10しか出ない設定打った人は10しか来ねぇじゃねぇか!って言うだろうし、連性能が弱い設定打った人は全然連しねぇじゃねぇか!…と。

        確かにある設定ではその文句は正しいかもなのですが、中間以上であればちゃんと良い部分もあったでしょう?と思っちゃいます。

        面白いのは、データ取ってみれば、番竜門はしっかり突破率60%だし、金剛苑もしっかり突破率70%だし、頂対決もちゃんと50%以上の継続率なんですよね…w
        データ並べて文句言えよ、とは常々感じていたのでこんな感じで記載させて貰いました。
        最近出た中では良い方の台だと思いますよ。

        • 管理人 says:

          自分も5.9号機に比べればかなり良い線いっていると感じました。
          設定差や解析が明らかになってくればまた違った楽しみ方もできそうですね!
          とりあえずホールには今後の6号機を盛り上げていくためにも高設定をしっかり投入して欲しいですね。

コンテンツ

お知らせ

パチンコ・スロットの最新情報を毎日配信しています。 ちょんぼりすたTOPをブックマークしてご活用下さい。 ちょんぼりすたTOP

管理人のツイッターにてパチンコ・スロットの最新情報を配信中!フォローお願いします。
@chonbo7771

   
サイトマップ