ちょんぼりすた|パチスロ解析

スーパービンゴネオ フリーズを事前に察知・セグの法則

スーパービンゴネオ・セグ

ベルコのスロット「スーパービンゴネオ」のセグなどの演出法則についての記事です。

ただの演出とあなどるなかれ。液晶上部のセグの数字により、ロックの回数やフリーズを示唆していました。

69○の並びがアツい!?

その他にもリールフラッシュや液晶に「硬直」出現時のアツいパターンなども大量に紹介します。

スポンサーリンク

スーパービンゴネオ セグなどの演出法則

セグパターン

691:ロック1以上
692:ロック2以上
693:ロック3以上
69F:フリーズ濃厚
69○:ロック発生率アップ

液晶に硬直出現

■通常時
次ゲームに7揃いリプレイ成立:フリーズ確定
次ゲームに7揃いリプレイ非成立:ロック3

■AT中
次ゲームに7揃いリプレイ成立:フリーズor2択チャレンジ
次ゲームに7揃いリプレイ非成立:ロック3

※7揃いリプレイ確率1/2.8

リールフラッシュ

■通常時のリプレイ時
暗転フラッシュ:周期中の期待度アップ
全体フラッシュ:AT確定

■通常時のボール時
暗転フラッシュ:高確確定

■AT中のリプレイ時
暗転フラッシュ:次セットへの継続期待度80%
全体フラッシュ:継続確定

■通常時のボール時
暗転フラッシュ:高確以上
全体フラッシュ:超高確

セグの69○はアツい!?

BINGO図柄揃い時に液晶上部のセグに69○といった数字が表示されればチャンス。69の後の数字でロックの数とフリーズを示唆していました。

69Fならフリーズ濃厚。

69の後に1〜3なら対応したリールロックが確定します。これを踏まえて実践してみると、69○はかなりリールロックに絡んできます。

セグ画像2

実践中に692でリールロック2が発生!他にも691の時はリールロック1段階と大体法則通りの動き。698は3回ほど出ましたが、何も起きず。

そのまま打ち続けていると、この記事の一番上の画像に貼った、693がAT中に出現

リールロック3以上!『以上』という事はフリーズorリールロック3という激アツな瞬間だと思いましたが、結果はリールロック2で終わり…。

んんん、

解析にはリールロック3以上確定とありましたが…

これはおそらくイントロ演出だった為だと思われます。○ラインリーチ!という方のリールロック演出ならロック3でBINGO図柄4連の抽選。イントロの場合はイントロ2段階でBINGO4連の抽選なので、イントロの場合はロック2段階で通常のロック3段階扱いという事でしょう。

液晶に硬直出現時は祈りながらレバノン

BINGO揃い時に液晶に『硬直』が出現すれば次ゲームが激アツ

1/2.8の7揃いリプレイを引き当てる事が出来ればフリーズへと発展します。これはもうアツ過ぎてレバー押せないですね。

1/2.8という事は約36%。引けない確率の方が高いですが期待してしまいますね。

他にも、リールフラッシュに次セットへの継続期待度が高まる法則があったりと、スーパービンゴネオは演出面もなかなか作り込まれているなという印象。

ホールの稼働が良く増産が決定したのも納得です。

息の長い機種になりそうな予感。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台