ちょんぼりすた|パチスロ解析

CR嘘喰い|拾えるタイプの潜伏確変機?判別方法など

      2016/03/04 コメントはまだありません

パチンコ嘘食い

タイヨーエレックから新台パチンコ「CR嘘喰い」が登場。

2006年より「週間ヤングジャンプ」にて連載している人気漫画。イカサマや様々なトリックを用いた頭脳バトルだけでなく、「立会人」を中心とした、肉体的なバトルも非常に大きな魅力的な作品。

この記事では、そんな「CR嘘喰い」のスペックや導入日などをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

嘘喰いのスペックや導入日

基本スペック

項目 概要
初当たり確率 1/392
確変中の確率 1/62.8
確変突入率&継続率 76%
時短回数 100回

ラウンド振り分け

ヘソ入賞時

ラウンド数 電サポ 振り分け
10R確変 次回 36.5%
10R確変 無し 12.5%
4R確変 次回 17%
突確 無し 10%
10R通常 無し 24%

電チュー入賞時

ラウンド数 電サポ 振り分け
16R確変 次回 75%
突確 次回 1%
突通 100回 4%
10R通常 無し 20%

嘘喰いの導入日

2015年4月6日導入

導入予定台数

約5,000台

搭載楽曲

  • SPARK:THE YELLOW MONKEY
  • BURN:THE YELLOW MONKEY
  • JAM:THE YELLOW MONKEY
  • Survive
  • TIME FLIES
  • proloque

目次へ

嘘喰いの攻略情報

ボーダーライン

交換率 ボーダーライン
2.5円 24
3.0円 22
3.3円 21
3.5円 21
4.0円(等価) 19.4

※6時間遊技・出玉5%減を考慮

潜伏確変について

CR嘘喰いは、通常時に突入する可能性のある潜伏確変が搭載されており、潜伏がループする可能性も有り、潜伏中でも特殊モードを抜けてしまう可能性があるので注意が必要。

潜伏確変の可能性があるのは、「廃ビルモード突入時」or「ブラフショック発生時」。見極め方は、「出玉無し当たり」か「10R当たり後」かで異なる。

出玉無しの当たり

通常時に出玉無しで「廃ビルモード」or「ブラフショック」が発生した場合は潜伏確変or小当たりとなる。

判別方法はセグランプに注目。

4Rランプ

4Rパターンに点灯すれば潜伏確変。

「ブラフショック」は、ハズレ変動後などのモード移行時にもさりげなく発生する可能性があるので、見落とさないように注意。

10R当たり後

10R当たり後に「廃ビルモード」に突入した場合は、セグで確変か通常かを判断しなければなりません。しかし、セグのパターンが判明していない現状では見抜く事がほぼ不可能。

また、潜伏中でも「廃ビルモード」を抜ける可能性があるので、10R当たり後はある程度回す必要がある。

回転数 潜伏の可能性
30回転 25%
50回転 21%
100回転 12%
150回転 6%

最低でも50回転、時間や予算が許すなら100回転以上は様子を見たい所。確変中の大当たり確率は1/62.8。

潜伏確変のハイエナ狙い

CR嘘喰いはMAXタイプなので、潜伏確変中の台を拾う事が出来ればかなり美味しい。

ただし、一度でも電サポが付いた場合は潜伏の可能性は0。なので、狙い目となるのは、10R後に捨てられている台。情報が出回っていない新台導入時なら、50回転以内なら打ってみる価値はあるのではないでしょうか。

小当たりを拾うデーターカウンターでも出玉やグラフを見れば10Rか否かは判断が付くと思います。

また、周囲で「廃ビルモード」or「ブラフショック」が発生して辞められた台も潜伏の可能性がありますが、こちらは小当たりの可能性もあり。

セグを確認していてかなど、打ち手のレベルを見て臨機応変に。

目次へ

解説や所感

嘘喰いとは?

ギャンブルを題材としている。実在・オリジナルを問わず、幅広い種類のギャンブルやゲームが取り上げられ、全体的にはシリアスな漫画であるが、叙述トリックや言葉遊び、時折挟まれるシュールなやりとりや、単行本に収録されるギャグパートなども存在する。
駆け引きなどが重要視される「頭脳バトル漫画」には珍しく、肉体的な「暴力」も大きなテーマの1つとなっている。これは、ギャンブルに勝利する知力があっても、自らを守れる程度の暴力(正当防衛の能力)がなければ逆上した(または最初からまともに勝負する気がない)相手に殺されるだけであり、お互いに対等の暴力を持っていて初めて勝負が成り立つという現実的な展開に基づいている。

参照:wikipedia

個人的にもいま一番楽しみな漫画の1つ。

「暴力」と「ギャンブル」。こんなワードが好きな人は絶対にハマる漫画だと思います。まだ読んだ事が無い人はぜひ1度読んでみて下さい。

スペックは爆裂機

では、パチンコの「嘘喰い」はどういった台になっているのか。

スペックを見ると、大当たり確率1/392のMAXタイプで、確変の突入率と継続率はともに76%。電サポ中の当たりは75%が2400発、時速2万発オーバーとうい荒波仕様になっています。

ただ、ヘソ消化の12.5%は電サポが付きませんし、ヘソ・電サポ共通で10R通常にも電サポ無し。

悪い方に偏るとかなり厳しい展開になりそうです。

原作愛に加え、楽曲が「THE YELLOW MONKEY」という事で、一度は必ず打つと思いますが、正直そこまで期待はしていません…(汗)

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

投稿されたコメント(0件)

  1. 匿名 より:

    自分もそこまで期待していません。
    今のMAXスペックの各メーカーの展開についてこれる台ではないと思います

    •  (0)
    • chonbo777 より:

      原作漫画の嘘喰いは相当好きな漫画なので興味はあるのですが、他のMAXタイプと比べてしまうと機械的な魅力はあまりありませんよね(汗)
      演出を楽しみたいだけなので、ミドルあたりで出して欲しかったというのが本音です。

      •  (0)

TOP

人気台