ちょんぼりすた|パチスロ解析

GO!GO!マリン スペック・ボーダーライン・攻略

ゴーゴーマリン・スペック

SANYOの海物語シリーズの最新作「GO!GO!マリン〜ミラクル★バケーション〜」。

スペックは、1/259のV-ST機。

入賞支援ギミックや高速アタッカーまで搭載されており、最近のパチンコにおける流行の仕様と海物語を合体させた台といった印象。

海物語ファンにも新台好きにも楽しめますね。

以下でそんな本機の「スペック」から「ボーダーライン」といった攻略要素までを紹介していきます。

スポンサーリンク

GO!GO!マリン スペック・ボーダーライン・攻略

GO!GO!マリン〜ミラクル★バケーション〜・基本スペック

大当たり確率:1/259
確変中:1/58.8
ST突入率:50%
ST継続率:82%
出玉性能:
大当たり出玉:
16R:約1460個
6R:約540個
5R:約450個

■ヘソ入賞時ラウンド振り分け
6R確変(ST100回):50%
5R通常(時短80回):2%
5R通常(時短60回):12%
5R通常(時短40回):36%

■電チュー入賞時ラウンド振り分け
16R確変(ST100回):62%
6R確変(ST100回):38%

GO!GO!マリン〜ミラクル★バケーション〜・導入日

■導入日
2015年1月13日導入予定

■導入予定台数
15,000台

電サポ中止め打ち

調査中(判明次第更新)

ボーダーライン

■1000円あたりのボーダーライン
4.0円:19.8
3.5円:21
3.3円:22
3.0円:22
2.5円:24

■ボーダー算出条件
6時間遊戯
出玉5%減を考慮

やめ時・注意点

本機には、潜伏確変は搭載されていないため、電サポ中以外はいつやめてもOK

スペックはシンプルなV-ST機

GAROの爆発的な人気から、最近の台から今後予定されている新台のほとんどに採用されているV-ST機仕様。

ついに「海物語シリーズ」までもがV-ST機として登場してしまいました。

「GO!GO!マリン〜ミラクル★バケーション〜」では、初当たりの半分がST突入。漏れた場合は40or60or80回の時短へ突入し、再度そこで大当たりを引き当てる事が出来ればST突入となります。

また、ST中は継続率が82%となり、16R比率も62%になるので、ライトスペックにしてはかなりの爆発力を秘めています。

演出面・ギミック面に新機能が満載

まわるんパチンコ

「まわるんパチンコ」として、ヘソに絡まなかった玉でもクルーンで補助する仕組み。玉の動きなどを楽しめといった紹介のされ方ですが、個人的にはこの「まわるんパチンコ」は嫌いです。

とういのもこの「まわるんパチンコ」には、客にとって不利な面が分かりずらいように巧妙に隠されています。

ボーダーが辛くなるのはもちろんなのですが、例えば「ボーダー+3回転の普通の台」と「ボーダー+3回転のまわるんパチンコ」なら前者の方が期待値は高くなります。

詳しい計算などについての言及はここでは避けますが、「まわるんパチンコ」はいっぱい回る気分を味わえるだけで、現在のホールの使い方では、収支的には厳しくなるケースの方が多いのは間違いないでしょう。

普通の台と同じくらいしか回らず、知識の無い高齢者からぼったくるホールも多数ありますからね…。

話が逸れましたが、他にも「GO!GO!ゲート」で当たりの種類を告知したり、「ツインターボアタッカー」で大当たり時の高速消化が可能になったりと新機能がいくつか搭載されています。

演出面でも、おなじみの魚群はもちろん「ファイアー柄」や「サイクロンボタン」なども信頼度が40%以上あるアツい演出として追加。

普段、海をあまり打たない人でも楽しめる作りになっていますね。

GO!GO!マリン〜ミラクル★バケーション〜・動画

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台