ちょんぼりすた|パチスロ解析

CRフィーバー真花月 スペック・止め打ち攻略・システム紹介

真花月・まとめへ

SANKYOの新台パチンコ「フィーバー真花月」。

スペックは潜伏などを搭載しないオーソドックスな確変ループタイプ。大当たり確率は、1/297のミドルタイプと1/199のライトミドルの2パターン存在。

大当たり&電サポ中は右打ちで取りこぼしの一切無い『極乗システム』を採用。

打ちっぱなしでもロスの少ない、初心者でも楽しめる作りになっています。

スポンサーリンク

CRフィーバー真花月 スペック・止め打ち攻略

フィーバー真花月・ミドルスペック

大当たり確率:1/297.3
確変中:1/29.7
確変突入率:約55%
時短:100回
大当たり出玉:
16R:約2400個
4R:約600個

■ヘソ入賞時ラウンド振り分け
16R確変(次回):14%
4R確変(次回):22%
突然確変(次回):20%
4R通常(100回):44%

■電チュー入賞時ラウンド振り分け
16R確変(次回):55%
4R通常(100回):45%

フィーバー真花月・ライトミドルスペック

大当たり確率:1/199.8
確変中:1/57.8
確変突入率:約52%
時短:30回
大当たり出玉:
16R:約2400個
4R:約600個

■ヘソ入賞時ラウンド振り分け
16R確変(次回):10%
4R確変(次回):22%
突然確変(次回):20%
4R通常(100回):48%

■電チュー入賞時ラウンド振り分け
16R確変(次回):52%
4R通常(100回):48%

フィーバー真花月・導入日

■導入日
2015年1月5日導入予定

■導入予定台数
15,000台

電サポ中止め打ち

■電サポ中
ほぼ全て拾うので打ちっぱなしでOK

■ラウンド中
①9個入賞で打ち出しを停止(4個目入賞を目安に)
②10個目を弱めに打つ
③11個目を強めに打つ

ボーダーライン

■1000円あたりのボーダーライン
調査中

■ボーダー算出条件
6時間遊戯
出玉5%減を考慮

やめ時・注意点

本機には、潜伏確変は搭載されていないため、電サポ中以外はいつやめてもOK

日本の四季を楽しめる

SANKYOの花月シリーズの第3弾。

日本の美しい四季を奇麗な映像と音楽で堪能する事が出来ます。以下に掲載するPVを見て貰えば分かると思いますが、映像がすごく奇麗ですね。

音楽や歌も落ち着いていてすごく癒されそう。

スペックはシンプル

ミドル、ライトミドルと2種類存在。
どちらも潜伏などは搭載しておらず、オーソドックスな確変がループするか否かといったスペック。

ライトミドルの方が初当たりが軽い分、確変確率が若干下がり、時短も30回となっています。

パチンコ初心者でもロスの少ない設計

『極乗システム』と称されたアタッカーを搭載しており、右打ちされた玉のほぼ全てを拾う仕様。
その為、電サポ中やラウンド中に打ちっぱなしでも無駄玉がほとんど出ません。

電サポ中は5回解放ですが、『極乗システム』により、ほとんどが5回解放前に8カウントで終了。

ただし、スルーを締められていると、小デジ保留が切れてしまうので、その際は電チューが解放されずムダ玉が出てしまう場合も。

それではせっかくの『極乗システム』も活かされません。電チュー解放が途切れるような締め方をするホールは要注意ですね。

フィーバー真花月のPV動画

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台