ちょんぼりすた|パチスロ解析

CRよしもとタウン スペック ボーダーライン 攻略

よしもとタウン_top

京楽の新台パチンコ「CRよしもとタウン」。

よしもとのお笑い芸人総勢268名が出演する豪華なパチンコ台となっています。

RTC(リアルタイムクロック)はなんと番組を毎日更新。その総数は300以上との事。

常に新しい演出や芸人のネタを楽しめそうですね。

スポンサーリンク

CRよしもとタウン スペック ボーダーライン 攻略

CRよしもとタウン・基本スペック

大当たり確率:1/199.8
確変中:1/90
確変突入率:40%
確変継続率:77%
出玉性能:
大当たり出玉:
15R:約1440個
6R:約540個
5R:約450個

■ヘソ入賞時ラウンド振り分け
6R確変(次回):40%
5R通常(100回):3.5%
5R通常(30回):37%
突然時短(30回):19%

■電チュー入賞時ラウンド振り分け
16R確変(次回):50%
6R確変(次回):27%
5R通常(100回):6%
5R通常(30回):17%

CRよしもとタウン・導入日

■導入日
2015年1月5日導入予定

■導入予定台数
35,000台

電サポ中止め打ち

調査中(判明次第更新)

ボーダーライン

■1000円あたりのボーダーライン
4.0円:17.3
3.5円:19
3.0円:20
2.5円:21

■ボーダー算出条件
6時間遊戯
出玉5%減を考慮

やめ時・注意点

本機には、潜伏確変は搭載されていないため、電サポ中以外はいつやめてもOK

スペック面・確変突入率は時短込みで50%

「よしもとタウン」のスペック的には、同社のAKB48と似たライトミドル。

あちらと比べると、確変継続率を上げて時短を付けた弊害として、16Rの出玉が1500発に減り初回確変突入率が40%になっています。

ただし、初回確変突入率は40%ですが、30回or100回の時短が付いてくるので、時短中の引き戻しをまで考慮すると、初回の当たりから確変である「お笑いRUSH」へと突入する確率はAKBと同じく約50%となっています。

ちなみに、確変終了後も時短が付いてくるので、そこでの引き戻しも考慮すると確変継続率は82%

ライトミドルとは言え、なかなかの爆発力がありそうですね。

導入台数の下方修正

当初は50,000台の販売予定だったそうですが、導入前に35,000台に下方修正した模様。

原因は分かりませんが、あまり売れていない…?

AKBの2作目もあまりヒットしなかったので、ホールの京楽への信頼が揺らいでいるのかもしれませんね。

今作の「よしもとタウン」も関係者の評価はあまり良くないように感じるので、稼働がどの程度継続するのか少し心配です。

演出面・5大激アツ演出待ち?

大当たりに期待出来る演出としては、「ガブアツフラッシュ」「大爆笑ゾーン」「群予告」「ゼブラ柄」「ダウンタウンSPSPリーチ」。これらが5大激アツ演出となっています。

これらがいくつ複合するかが大当たりへのカギでしょう。

先日、地元の京楽直営店に先行導入されていたので、全国導入開始前に少しだけ打ってみましたが、演出はかなりガチャガチャしていて、慣れるまでは疑似連への導入ポイント等が分かりずらいなといった印象。

TVでおなじみに芸人ばかりなので、お気に入りのネタが演出として出た際はニヤッとしてしまいますね。

RTCの歌は「良い歌ではないけど洗脳される感じ」。

とりあえず1回当たるまでは打ってみたかったのですが、釘があまりにもひどく、回らないストレスに耐え兼ねて5,000円でギブアップ。

まともなホールに導入されてからじっくり打ちたいなと思います。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台