ちょんぼりすた|パチスロ解析

データカウンターからベタピンホールを見極める方法

近頃はデータカウンターが非常に充実してきました。

性能の良いモノだと、全ての詳細なデータは見れるのは当然として、1ヶ月分のスランプグラフを表示出来たり、回転数別の当選率を表示したりとかなり多機能です。

これを利用しない手はありません。

そこで、今回はその手段の1つとして、「ココアッツグラフから平均設定を予測する」といった内容をお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

データカウンター活用法

A知県・N古屋市内の最近リニューアルされた大○というホールを見てきました。

データ表示機能のココアッツグラフ

ココアッツグラフ

全10台設置してある「花火(HANABI)」の8日分の全データが表示されています。

ここまで統計を詳細に表示してしまうと色々と計算出来そうですよね。

こんな堂々と見せているくらいなので、さぞかし設定に自信がおありなのでしょうと…。

とりあえず、これを比較しやすいように少し計算して表にします。

回転数 このホールの
平均当選率
設定1での
当選率
設定6での
当選率
100回転以内に
当たる割合
44% 44%  49%
300回転以内に
当たる割合
84% 83%  87%
500回転以内に
当たる割合
96% 95%  97%

※小数点は四捨五入

300と500はサンプルがかなり少なくなっているので、信用性はイマイチなデータだと思われますが、特筆すべきは1868件のサンプルが集まっている100回転以内の当選率が設定1とほぼ同等という点。

フラグ成立からボーナス入賞まで実際は若干のロスがありますが、それにしてもこれはひどいですね。

GW前にリニューアルして、10台も導入してある花火は当然力を入れるべき機種だと思いますが、このホールに至ってはおそらくベタピン。あっても設定2を少し混ぜるくらいでしょう。

ちなみに、このデータカウンターはBIGの枚数まで詳細に表示されるので、必死に履歴をポチポチしましたが、BIG中にハズレが出た形跡が0。

GW前のエサ撒きの時期に他店より多めに導入した機種でベタピン挙動。更に他のAT・ART機も初当たりは非常に重い。

この事からこのホールは高設定は意地でも使わず、設備面・女の子・タレント・ガセイベントなどに費用を掛け、集客を頑張るタイプのホールである。

と結論付けて良いと思います。(花火だけでは無く、他の機種、イベント日などを何度か調査した結果)

昔は設定確認OKイベントで毎日設定6を多数投入するようなやる気にみなぎったホールだったんですけどね…。

リニューアルしたから少しは変わったかなと思いきや相変わらずな環境で残念。

ただ、このホールが特別ぼったという訳では無く、自分の済むN市内の等価ホールはどこも似たようなものです^^;

※あくまでも個人的な感想である点をご了承下さい。

ほぼベタピンという現実が見えてしまうとなかなかハイエナ以外の平打ちはしにくい状況ですね…。

低設定しか打てないこんな世の中じゃ…

ポイズン。

サイトセブンを使えばもっと簡単

今回は、データカウンターとその機種の初当たりから回転数別の当選率を出して比較するという面倒な行程を経て結論を出しましたが、データロボサイトセブンを使えばもっと早く、自宅にいながらしにてホール状況を把握する事が可能。

★台データ満載★サイトセブン!!

有料なのがネックですが、登録してあるホールの全てのデータの詳細が見れるのは大変便利です。

詳細に調べた所で、今回のように現実の厳しさを思い知るだけなケースがほとんどですが、無いものをひたすら探し続けてお金を浪費し続けるだけよりはマシでしょう。

なかなかパチスロで思ったように勝てないという方は、まずは自分の通っているホールが設定を置く可能性があるのかどうかを調査してみて下さい。

Aタイプで設定6以上の合算でも設置台数が多ければ、設定1でもそんな挙動を見せるケースはいくらでもあります。大事なのはサンプル数の多さとその平均。

それはホールを少し見ただけではなかなか見えてきませんからね。

スポンサーリンク

【linkfree】シェアして貰えると喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像ファイルを選択

TOP

人気台